本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[静岡県] [2008年度 第1回認定]
機能性野菜「リッチリーフ(R)」栽培用光源の開発とリッチリーフ(R)の商品化

連携体 中小企業者:(株)ホト・アグリ(農業用機械製造業)
農林漁業者:京丸園(株)(野菜作農業)
連携参加者:(有)ハーベスト浜松(野菜卸売業)、(株)増田採種場(その他の耕種農業)
サポート機関等 はままつ産業創造センター、(株)静岡銀行、静岡県商工会連合会、光産業創成大学院大学、浜松ホトニクス(株)、地域活性化支援事務局

事業概要

リッチリーフ(左)ビタミンに特化したリーフ、(右)ポリフェノールに特化したリーフ

リッチリーフ
(左)ビタミンに特化したリーフ、
(右)ポリフェノールに特化したリーフ

連携の経緯

(株)ホト・アグリは、植物の機能性成分をLEDなどの補光により高める研究を行うなかで、機能性野菜「リッチリーフ」の開発に成功、農家向けのLEDの光源の開発を進めるとともに「リッチリーフ」の量産化に乗り出した。
 量産化のノウハウを求めるなかで、従来より技術供与を受けていた京丸園(株)と当事業について協力、連携を開始することとなった。


新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

作物栽培中の光制御によって、野菜に含まれるポリフェノール、ビタミンなどの機能性成分を強化した機能性野菜「リッチリーフ」を量産化し、栽培ノウハウを含めた栽培用光源システムを販売する。
 栽培用光源を農家に販売する一方で、「リッチリーフ」を首都圏の高級スーパー、百貨店、ホテルに販売し、市場開拓を行っていく。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新たな農業ビジネスモデルの開拓
  • 新商品の売上高…3,000万円
  • 有機水耕栽培方法の確立
  • 野菜の機能性成分を向上させた補光栽培技術の確立

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社ホト・アグリ
所在地:
静岡県浜松市西区呉松町1955-1,光産業創成大学院大学内
電話番号:
053-484-2581
FAX番号:
053-484-2581

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ