本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[静岡県] [2008年度 第1回認定]
宮古島モズクを用いた半生タイプの商品開発と販売

連携体 中小企業者:西光エンジニアリング(株)(食品機械・同装置製造業)
農林漁業者:宮古島漁業協同組合
連携参加者: 
サポート機関等 静岡県商工会連合会、地域活性化支援事務局

事業概要

宮古島モズクの養殖地域

宮古島モズクの養殖地域

連携の経緯

西光エンジニアリング(株)は、かねてより宮古島のモズク加工・販売等で宮古島漁協と深いつながりがあり、自信を持つ販路と販売ノウハウ及び海草類の洗浄・選別・乾燥技術を有する。宮古島漁協は、モズクの養殖と選別ノウハウを有する。本事業では、両者の経営資源を活用し、協力・連携を開始することになった。


(左)モズクの天ぷら、(右)グリーンモズクのサラダ

(左)モズクの天ぷら、(右)グリーンモズクのサラダ

新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

塩蔵しない生の宮古島モズクを使った新商品として「グリーンモズク」と「半生モズク」を開発した。「グリーンモズク」はサラダ感覚で食べる食材、「半生モズク」は天ぷらにして食べるとおいしい食材である。
 味が付いていないモズクを望んでいる食事制限中の消費者や、健康に留意する購買層をターゲットに、食材として宮古島モズクの市場開拓を行う。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高…7,500万円(平成24年度)
  • 本連携に伴なう新規雇用創出者数…10名(平成24年度・連携体全体)
  • 地域ブランド「宮古島モズク」の確立 「グリーンもずくん」・「半生モズク」

代表企業等の連絡先

代表者:
西光エンジニアリング株式会社
所在地:
静岡県藤枝市高柳3-30-23
電話番号:
054-636-0311
FAX番号:
054-635-5005

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ