本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[島根県] [2008年度 第3回認定]
荒布(あらめ)を中心とした隠岐海藻の佃煮など加工品等の製造・販売

連携体 中小企業者:有限会社海産物松村(食品加工業)
農林漁業者:大西商店(漁業)
連携参加者:財団法人しまね産業振興財団
サポート機関等 出雲・平田・大田商工会議所地域力連携拠点、島根県商工会連合会、隠岐の島町商工会、中小機構、中国地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

(有)海産物松村は、新商品の原料として島根県産の海産物を探していたところ、家庭料理で使用されるか他商品の加工原料程度として使用されてはいるものの認知度の低い荒布に目をつけた。隠岐の白島荒布」が非常に良質であること、(有)海産物松村の代表者が隠岐の高校出身ということから隠岐への恩返しもかねて、隠岐産の荒布を使用した。佃煮を製造したところ歯ごたえも良いことと、大西商店の大西代表が非常に熱心で意的な漁業者であること社長の松村の心を動かし、今回の連携に至った。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

100%隠岐の荒布を使用した商品は国外製造食品へ対する不安と不信感が大きい消費者へ対し、競合製品に対する優位性が十分にあるものと考える。また、地元出雲市の醤油醸造元と開発した佃煮用の醤油を使用することにより、地元・国産の原料を使用しこだわりの海産物加工品「隠岐の海藻」シリーズを展開する。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 隠岐海藻のブランド確立と価値向上
  • 離島漁業者の経営改善

代表企業等の連絡先

代表者:
有限会社海産物松村
所在地:
島根県出雲市東福原226
電話番号:
0853-62-3619
FAX番号:
0853-62-3629

認定日:2009年2月26日



このページの先頭へ