本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[島根県] [2008年度 第1回認定]
出雲産の果物(ブドウ、柿、いちじくなど)を活用したドライフルーツ商品の改良・開発及び販路拡大

連携体 中小企業者:(有)日吉製菓(製造業)
農林漁業者:農業生産法人(有)桃源(農業)
連携参加者:キョーワガス産業(株)(サービス業)
サポート機関等 出雲商工会議所、島根県商工会連合会、出雲商工会、地域活性化支援事務局

事業概要

規格外品の巨峰

規格外品の巨峰

連携の経緯

島根特産であるデラウエアの需要減少から、農業者である(有)桃源は大粒の巨峰・ピオーネに品種転換を図っている。農業経営を安定させるために、今まで市場に流通させることが難しい規格外品の付加価値向上が重要であり、(有)桃源はその策を模索していた。そのような折、菓子製造に実績のある(有)日吉製菓と出会い、連携して「枝付き干しブドウ」などドライフルーツの製造・販売を行うことになった。


枝付き干しブドウ

新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

本事業の主力商品である「枝付き干しブドウ」を含む干しぶどう(レーズン)は、海外ではワインとの相性のよさから酒肴の1つとなっており、国内でもワインの消費安定から、高級百貨店、高級スーパー、ワイン専門店、ワインバーなどで扱われるようになっている。
 しかしながら干しブドウの殆どが輸入品であり、日本国内では気候条件およびドライフルーツ用乾燥技術の未発達から、それほど多く生産されてこなかった。
 本事業にて、ブドウ素材の持つ魅力を損なわず更にうまみを引き出す枝付き干しブドウを開発・改良し、国産の安心できるドライフルーツとして市場開拓を行う。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 輸入品依存度の高い市場での「国産品」アピールによる、知名度向上とブランド確立
  • 規格外品を有効活用して付加価値を高めるという新しいビジネスモデルの確立
  • 将来展望として地元農家の参画による事業規模拡大

代表企業等の連絡先

代表者:
有限会社日吉製菓
所在地:
出雲市長浜町659-19
電話番号:
0853-28-2930
FAX番号:
0853-28-2945

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ