本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[島根県] [2008年度 第1回認定]
島根県雲南市の山椒を活用した和風パスタソースと、そば製造技術を活かした生パスタをセットにした新商品開発・販売

連携体 中小企業者:(有)本田商店(製造業)
農林漁業者:いずも八山椒(有)(農業)
連携参加者: 
サポート機関等 雲南市産業振興センター、島根県商工会連合会、雲南市商工会、地域活性化支援事務局

事業概要

減農薬栽培による山椒

減農薬栽培による山椒

連携の経緯

(有)本田商店は、 「食べて美味しい・身体に美味しい」を基本理念として、国産・無添加の生そばを中心に生協・百貨店などで販路を築いてきた。更なる成長を目指すべく、新たな事業として、「そば」の製造技術を活かした生パスタと、山椒を使った和風ソースをセットにした商品の開発・販売を取り組む。「国産」で「安全・安心」である山椒を探していた折、地元で減農薬栽培に取り組んでいる、いずも八山椒(有)の紹介を雲南市産業振興センターから受け、当事業の協力・連携を開始した。


調理例

調理例

新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

そば市場が頭打ち状態であるのに対して、パスタ市場は拡大中である。本事業では、山椒の実と葉をソースに使用し、さわやかな香りと辛味、すっきりした後味を実現した新しい和風パスタソースを開発する。
 さらには(有)本田商店の「そば」の製造技術を活かした、無添加で日持ちのする生パスタとセット販売し、従来からのパスタの購買層である女性・若者はもちろん、こだわり・健康志向をもつ消費者のニーズを満たす商品として生協・百貨店での販路開拓を行う。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 「山椒」の一大産地化による「雲南市」の知名度とブランド力向上
  • 地元休耕田の有効活用モデル事例

代表企業等の連絡先

代表者:
有限会社本田商店
所在地:
島根県雲南市木次町里方1093-43
電話番号:
0854-42-2100
FAX番号:
0854-42-0176

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ