本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[滋賀県] [2012年度 第1回認定]
滋賀県産小麦を100%使用した小麦粉・パン等の開発・販売

滋賀県産の強力粉小麦「ミナミノカオリ」と超強力粉小麦「ゆめちから」を使用して、パン、生パスタを開発・販売する。

連携体

農林漁業者 (株)イカリファーム(農業)

小麦の強力粉品種「ミナミノカオリ」と超強力粉品種「ゆめちから」の生産に取り組む。
中小企業者 丸栄製パン(株) (食料品製造業)

滋賀県産小麦を100%使用した小麦粉、パン、生パスタを開発・販売する。
連携参加者 (有)もりかわ農場(農業)、(有)辻井商店(飲食料品卸売業)

(有)もりかわ農場は、小麦の強力粉品種「ミナミノカオリ」と超強力粉品種「ゆめちから」の生産に取り組む。 (有)辻井商店は、製粉・製麺機器の開発・改良と小麦粉の販路開拓を行う。
サポート機関等 滋賀県農業会議、(公財)滋賀県産業支援プラザ、(独)中小企業基盤整備機構近畿本部

連携の経緯

地産地消の高まりから、地元食材の活用を進めていた丸栄製パン(株)は、地元産小麦を使用した付加価値が高く、差別化できるパンを開発するために、パンの製造適性が高い地元産小麦を調達することが課題であった。(株)イカリファームは、実需者の商品開発ニーズに対応した価値の高い作物の取り扱いを増やし、作物の販売価格を高め収益性の向上を図ることが課題であった。双方の課題解決が図れることから、両者は本事業に連携して取り組むこととなった。

連携に当たっての課題や工夫

丸栄製パン(株)は、ロットの小さな小麦を自社で製粉するために、製粉機製造メーカーと連携して、パン加工適性の高い微細全粒粉が製造可能な小型の製粉機を開発。(株)イカリファームは、実需者のニーズが高い小麦の品種ミナミノカオリ、ゆめちからの作付面積を増やし、本事業で必要となる滋賀県産小麦の量と質を確保していく。


連携による効果

農林漁業者 5年で533万円の売上高増加、1名の雇用増加

実需者の商品開発ニーズに対応した価値の高い作物の生産に取り組むことで、売上の増加と収益性の向上が期待される。
中小企業者 5年で5,100万円の売上高増加、4名の雇用増加

地元産の食材を使用し、差別化可能な商品を開発することで、売上の増加と収益性の向上が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
丸栄製パン株式会社
所在地:
滋賀県長浜市八幡中山町678
電話番号:
0749-63-0111
FAX番号:
0749-63-0044

認定日:2012年6月20日



このページの先頭へ