本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[滋賀県] [2011年度 第3回認定]
近江八幡伝統野菜「北之庄菜」を使用した"調味惣菜"等の開発・販売

刻み北之庄菜(調味総菜)、北之庄菜のみぞれ鍋、北之庄菜の具入りソースおよび、びわ湖の水産物を組み合わせて北之庄菜びわ湖ちりめん(ウロリ)、ビワマスと北之庄菜のパスタ、ピザ等ご当地食材を用い独自性の強い商品を開発・販売する。

連携体

農林漁業者 奥野喜好、西野平(以上、農業)

近江八幡市北之庄にて、北之庄菜を生産し、収穫した北之庄菜を天日干し乾燥後、(株)木馬に納入する。
中小企業者 (株)木馬(食料品製造業)

北之庄菜を使用した調味総菜等、独自性の強い新商品を開発し、地元の新たな特産品として販売する。
連携参加者 北之庄郷の会(農業)、沖島漁業協同組合(協同組合)

北之庄郷の会は、生産者に対する北之庄菜の栽培指導、栽培作業支援および北之庄菜の産地形成・ブランド化を進める。沖島漁業協同組合は、びわ湖の水産物ウロリ、ビワマス、ビワバス等を(株)木馬に供給する。
サポート機関等 近江八幡商工会議所、(公財)滋賀県産業支援プラザ、(独)中小機構近畿

連携の経緯

近江八幡唯一の伝統野菜北之庄菜は、昔は北之庄一帯で栽培が盛んであったが、今では一部の生産者のみが細々と栽培している希少品種となってしまった。伝統野菜「北之庄菜」の復活に向け、北之庄の農業者奥野喜好、西野平および北之庄郷の会と(株)木馬が連携。奥野喜好、西野平および北之庄郷の会は、北之庄菜の産地形成ならびにブランド化に取り組み、(株)木馬は北之庄菜を使用して新商品を開発していくこととなった。

連携に当たっての課題や工夫

本事業を契機に、北之庄菜を栽培する生産者を増やし、栽培面積の拡大を図り、北之庄菜の原菜での自主流通にも取り組んでいくことで、北之庄菜の産地形成・ブランド化を進めていく。また、本事業で開発する新商品は、近江八幡固有の食材である北之庄菜に加え、びわ湖の特徴ある水産物を使用することで独自性の強いご当地食材に仕上げ、地元の新たな特産品として旅館・ホテル、SA、道の駅・直売所等へ販売していく。


連携による効果

農林漁業者 5年で600万円の売上高増加、北之庄菜の産地形成・地域ブランドの確立

差別化可能な伝統野菜の生産に取り組むことで、売上の増加と収益性の向上が期待される。
中小企業者 5年で5,000万円の売上高増加、4名の雇用増加、地域ブランド商品の需要開拓

ご当地食材を用いて独自性の強い商品を開発することにより、売上の増加と収益性の向上が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社木馬
所在地:
滋賀県近江八幡市桜宮町213-3
電話番号:
0748-33-1234
FAX番号:
0748-33-1235

認定日:2012年2月 3日



このページの先頭へ