本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[滋賀県] [2011年度 第2回認定]
びわ湖固有種“ビワマス”を活用した“ビワサーモンの炙り棒寿司”等の開発・販売

ビワマスを使用した、「ビワサーモンの炙り棒寿司」、「ビワサーモンの旨味たっぷり昆布巻」、「ビワサーモンの炭火塩焼き」、「ビワサーモンのスモーク」、「ビワサーモンの大吟醸粕漬け」を開発・販売する。

連携体

農林漁業者 (株)びわ鮎センター(水産養殖業)

滋賀県水産試験場よりビワマスの稚魚の供給を受け、ビワマスの養殖に取り組む。
中小企業者 (株)三徳(食料品製造業)

養殖ビワマスを使用して、ビワマスの加工食品を開発し、地元の新たな特産品として販売する。
連携参加者 滋賀県水産試験場、燻製品製造業者(食料品製造業)

滋賀県水産試験場は、養殖ビワマスの稚魚供給、養殖技術指導を行う。燻製品製造業者がビワマスのスモークをOEM製造する。
サポート機関等 長浜バイオクラスターネットワーク、(公財)滋賀県産業支援プラザ、(独)中小機構近畿

連携の経緯

滋賀県水産試験場が長年の研究によりビワマスの養殖技術を開発。本事業では、この養殖技術を活用し、鮎の養殖を行っている株式会社びわ鮎センターがビワマスの養殖に取り組む。株式会社三徳は、養殖により安定的な品質や調達が可能となる“養殖ビワマス”(ビワサーモン)を活用し、“ビワサーモンの炙り棒寿司”等を開発して、地元の新たな特産品として道の駅、SA、旅館・ホテル等へ販売していく。

連携に当たっての課題や工夫

ビワマスはこれまで天然魚しか存在せず、不安定な漁獲量により流通も狭く、認知度が低い。“希少性”、“美味である素材の魅力”を訴求し、ビワマスの認知度を高めることが課題である。長浜市がビワマスの長浜ブランド化に向けてプロジェクトを進めていることから、この事業と連携して新商品のPRに向けて取り組んでいく。


連携による効果

農林漁業者 5年で1,044万円の売上高増加、ビワマスの安定供給・地域ブランドの確立

現在、取り扱かっている鮎と異なり、ビワマスは通年出荷が可能で、養殖設備の稼働率、収益性の向上が期待される。
中小企業者 5年で4,500万円の売上高増加、2名の雇用増加、地域ブランド商品の需要開拓

希少性の高い原材料を使用した差別化可能な自社商品により、売上の増加と収益性の向上が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社三徳
所在地:
滋賀県長浜市余呉町東野583番地
電話番号:
0749-86-8035
FAX番号:
0749-86-8036

認定日:2011年9月30日



このページの先頭へ