本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[滋賀県] [2011年度 第1回認定]
水耕栽培の葉物野菜と鮒寿司由来の植物性「新規乳酸菌SU-6」を活用したキムチ・浅漬漬物の開発・製造・販売

周年栽培される新鮮な葉物野菜を活用して、まろやかな食味で保存性に優れた新ジャンルの漬物の開発・製造・販売を行う。

連携体

農林漁業者 (株)エムス(農業)

小松菜類・壬生菜とネギの水耕栽培に取組み、一定価格で通年安定供給する。また漬物の一次加工を行う。
中小企業者 (農)近江農産組合(野菜漬物製造業)

新規乳酸菌SU-6(以下「SU-6」という。)を活用して塩かどがとれたまろやかな食味で、長期間、野菜の風味・食感・色合いを楽しめる漬物の開発を行う。
連携参加者 宮川バネ工業(株)(金属製品製造業)、大阪府立大学生命環境科学研究科、(株)オリジン生化学研究所(食料品製造業)

宮川バネ工業(株)は(株)エムスの親会社として、資金・人材・販路開拓等の支援を行う。大阪府立大学・(株)オリジン生化学研究所はSU-6の安定供給と活用方法の指導、SU-6を活用した漬物の有効性の確認等を行う。
サポート機関等 滋賀県中小企業団体中央会、(独)中小機構近畿

連携の経緯

水耕栽培ハウスとSU-6

水耕栽培ハウスとSU-6

水耕栽培野菜の安定供給先の確保と高付加価値化、野菜の有効活用による経営改善を図りたい農業者(株)エムスと、厳しい経営環境の中、こだわりと特徴のある商品開発を進めていた中小企業者(農)近江農産組合の思いが合致して、今回の連携に至った。

連携に当たっての課題や工夫

小松菜類・ネギキムチ

小松菜類・ネギキムチ

(株)エムスは新たな葉物野菜の栽培に取組むとともに、より新鮮な原材料の供給をめざして漬物の塩漬け一次加工に取り組む。(農)近江農産組合は新鮮な原材料とSU-6を活用して、新ジャンルの漬物の開発・製造・販売に取り組む。開発される漬物は、塩かど・酢かどが取れたまろやかな食味で、長期間、野菜の風味・食感・色合いを楽しめるという特徴を持ち、農業者から小売店まで利益確保しやすい商品となっている。


連携による効果

農林漁業者 5年で1,660万円の売上高増加、廃棄野菜の有効利用

水耕栽培野菜の安定供給先の確保と高付加価値化、廃棄野菜の有効活用で農業経営の改善と安定につなげる。
中小企業者 5年で4,000万円の売上高増加、収益性の改善、地元雇用2名の増加

新ジャンルの漬物開発により、売上向上が見込める。さらに新たな収益の柱を確立でき、経営改善につながる。

代表企業等の連絡先

企業等名:
農事組合法人近江農産組合
所在地:
滋賀県東近江市布施町215-1
電話番号:
0748-24-0045
FAX番号:
0748-24-1852

認定日:2011年6月17日



このページの先頭へ