本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[滋賀県] [2008年度 第3回認定]
びわ湖と循環型農業体験学習を組み込んだエコ・ツーリズムの推進

連携体 中小企業者:(株)ビーエスシー・インターナショナル(マリーナ業)
農林漁業者:比良利助(農業)
連携参加者:とびた遊農園(農業)
サポート機関等 大津商工会議所、(財)滋賀県産業支援プラザ、地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

大津市都市計画マスタープランで「びわ湖と良好な自然環境の保全地域」に指定され、比良山系から田畑・川・びわ湖へと拡がる当地域は、自然生態系がコンパクトにまとまった環境学習地として恵まれている。この背景の中で、「環境保全」を同じ経営理念とする(株)ビーエスシー・インターナショナルと比良利助が地域振興を目的にエコ・ツーリズムの推進に取り組むことになった。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

本事業は、地域の固有資源を保全しながら地域経済を振興するエコ・ツーリズムに、養鶏事業を核とした利助農法(循環型農業システム)とびわ湖の水質保全をウオーター・スポーツの中で考えようという二つの体験学習を組み込んだ新しい観光サービスである。エコ・ツーリズムへの関心が内外で高まる中、世界有数の古代湖であるびわ湖とその周辺自然環境を地域全体として保全活用する当事業内容は、事前アンケートにおいても多くの期待が寄せられている。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高
    BCS・・・・5,872万円(平成25年度)
    比良利助・・・・995万円(平成25年度)
  • エコ・ツーリズムの推進で地域の宿泊・飲食・物産販売増加
  • 本事業推進による新規雇用の創出2名
  • 国産鶏肉・鶏卵による新規メニュー・新規商品の開発

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社ビーエスシー・インターナショナル
所在地:
滋賀県大津市南船路4-1
電話番号:
077-592-0127
FAX番号:
077-592-1531

認定日:2009年2月23日



このページの先頭へ