本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[滋賀県] [2008年度 第1回認定]
青花の有効成分を抽出・粉末化した「青花粉末」の食品開発、製造及び販売

連携体 中小企業者:青花食研(株)(製造業)
農林漁業者:(有)クサツパイオニアファーム(農業)
連携参加者:中村農園(農業)、(株)水谷実商店(農業)
サポート機関等 (財)滋賀県産業支援プラザ、地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

青花食研(株)は、最近の研究で草津市の市の花であるツユクサ科の「青花」に食後の血糖値上昇を抑える有効成分が含有されることに着目。農業者である(有)クサツパイオニアファームと野菜や水稲で培った無農薬・有機栽培農法を青花に活用することで合意。両者の連携により、有効成分を多く含む安全・安心な青花の生産供給を可能とし、さらに新規の乾燥技術を駆使することで、青花の葉緑素を残した青花緑色粉末を製造。青花を原料とした新たな商品開発に取り組む。


新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

本事業で新たに開発する商品は、青花食研(株)の親会社が取得した特許(血糖値上昇抑制食品・機能性食品)を活用し、青花の有効成分を損なわず粉末に加工したものであり、緑色で味も抹茶の様にうまみが備わっており、他に見られない商品である。
 既存の青花関連商品の販売店や商品(青花茶)の共同開発を行う企業の関連会社である大手健康食品メーカーの販路等を活用し、トレーサビリティを取り入れた安全、安心な健康志向食品としての市場展開を行う。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・6,400万円(平成24年度)
  • 本連携に伴う新規雇用創出者数…35名(平成24年度・連携体全体)
  • 地域ブランド「青花」の確立
  • 休耕田の活用
  • 青花畑が新たな観光名所として集客が見込める

代表企業等の連絡先

代表者:
青花食研株式会社
所在地:
滋賀県草津市野路東1-1-1
電話番号:
077ー562-1474

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ