本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[埼玉県] [2009年度 第2回認定]
地元産減農薬大豆を使用した豆腐の保存食と健康スィーツの開発及び販売

地元産の減農薬大豆を使用して、おからや豆乳の健康スイーツと保存の利く豆腐関連商品づくりを行う。自社工房ショップ型店舗の顧客や、埼玉県内小売店舗等にて販売し、地産地消を推進する商品として消費者にアピールする。

連携体

農林漁業者 鳩山町大豆栽培組合(農業)

大豆の生産ノウハウを活かし、たんぱく質の高い品種の減農薬栽培(埼玉県特別栽培基準)に取り組む。
中小企業者 (有)とうふ工房わたなべ(食品製造業)

地元産減農薬大豆を使用した豆腐の保存食と健康スィーツを製造し、自社工房ショップ顧客や小売販売業者に販路拡大する。
連携参加者 ときがわ町商工会、埼玉糧穀(株)(飲食料品卸売業)

ときがわ町商工会は加工・流通業者のネットワークの活用、埼玉糧穀は大豆の貯蔵と出荷体制の構築で、事業を支援する。
サポート機関等 埼玉県商工会連合会、地域活性化支援事務局

連携の経緯

とうふ工房わたなべの工房ショップ型直営店

とうふ工房わたなべの工房ショップ型
直営店

慣行的栽培大豆の品質面に不安を感じていた(有)とうふ工房わたなべは、減農薬大豆(埼玉県特別栽培基準)の栽培に切り換えることを、これまで取引のある鳩山町大豆栽培組合に提案し、農家の安定的な所得向上を模索していた組合の意向とも合致し、地元産減農薬大豆を使用した高付加価値商品を開発する事で合意に至った。

連携に当たっての課題や工夫

鳩山町大豆栽培組合の圃場

鳩山町大豆栽培組合の圃場

(有)とうふ工房わたなべにおいては、豆腐の保存食(豆腐の味噌漬け、豆腐の燻製等)と健康スィーツ(豆乳プリン、おからケーキ、豆乳アイス等)を商品化し、地産地消を推進する商品としてブランド構築を目指す。鳩山町大豆栽培組合においては、高たんぱく質の大豆種の減農薬栽培に取り組み、栽培技術を確立するとともに、栽培面積を順次拡大していくことで、遊休農地の有効活用を図っていく。


連携による効果

農林漁業者 5年で213万円の売上高増加、耕作放棄地(休耕田)3haの解消

大豆の作付面積の増加により農地の活用が図られるとともに、農業経営の安定に貢献すると期待される。
中小企業者 5年で2,000万円の売上高増加、地元雇用4人の増加

地元産減農薬大豆を使用した新商品の製造販売を展開することで、売上高の増加と地元雇用の増加が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
有限会社とうふ工房わたなべ
所在地:
埼玉県比企郡ときがわ町大字番匠372
電話番号:
0493-65-0070
FAX番号:
0493-65-0090

認定日:2009年11月20日



このページの先頭へ