本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[埼玉県] [2008年度 第3回認定]
直接糊化技術を用いた加工玄米によるパンと麺の製造販売および製品別最適米品種の開発

連携体 中小企業者:東京技研フーズ(株)(食料品製造業)
農林漁業者:キトンファーム山下(米作農業)
連携参加者:(株)亀製麺、(株)初雁麺(以上、めん類製造業)、(有)大門精養軒、(株)キィニョン(以上、パン製造業)、日本大学生物資源科学部食品生命学科
サポート機関等 多摩信用金庫、地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

東京技研フーズ(株)が、食材開発・販売を営む中で食品残渣の飼料活用を希望するキトンファームと出会う。既存取引先から食品残渣を提供、連携を開始。
 その後、キトンファームの循環型有機農法による玄米に、同社の直接糊化技術を活用することで、付加価値向上が実現できるのではとのことから本事業がスタート。また、最終製品化に向け、(株)亀製麺、(株)初雁麺、(有)大門精養軒、(株)キィニョンが連携に参加。


直接糊化製法によるパン

直接糊化製法によるパン

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

本事業は、循環型有機農法で生産した玄米を、直接糊化技術を使ってパン、および麺に練りこむことで「高食感・高風味」、「高栄養価」で「生産履歴表示」された商品を中間マージンを省くことで「求めやすい価格」で提供するもの。パンはシットリ感が持続し、麺は茹で伸びやコシが改善される。
 よって食品関連の不祥事に起因する安全・安心へのニーズを持つ育児中の家庭や、美味しさへの意識の高い、中高年層をターゲットとした市場開拓を行う。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高:6,100万円(平成25年度)
  • 地域内循環型農業の確立
  • 地域農産物の高付加価値化
  • 地域初の加工玄米商品ブランドの確立

代表企業等の連絡先

代表者:
東京技研フーズ株式会社
所在地:
埼玉県新座市石神5-5-19
電話番号:
0424-72-2411
FAX番号:
0424-72-2411

認定日:2009年3月19日



このページの先頭へ