本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[埼玉県] [2008年度 第3回認定]
庄和黒豆のブランド化推進事業

連携体 中小企業者:(株)道の駅庄和(飲食料品小売業)
農林漁業者:中村清(農業)
連携参加者:庄和商工会、(株)ヨシダ(各種商品小売業)、(株)栄和(一般飲食店)、(有)遠藤商事、(株)下田食品、冨沢志津子(以上、食料品製造業)
サポート機関等 埼玉県商工会連合会、地域活性化支援事務局

事業概要

庄和地区の黒豆畑

庄和地区の黒豆畑

連携の経緯

道の駅庄和は、埼玉県春日部市の国道4号線沿いで、地元の特産品や農産物の販売、地域観光の宣伝等を行っている。以前からオリジナル商品により、他の道の駅との差別化を図りたいと考えており、名物となるような農作物や特産品の開発を行おうと、検討を重ねていた。地元農家の中村清氏と共同で黒豆の栽培にチャレンジ、周辺の休耕田を活用、黒豆を庄和のブランドとして確立する取組みが始まった。


収穫した黒豆

収穫した黒豆

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

新たな取組みとして、庄和産黒豆の販売、黒豆加工商品の開発・販売、黒豆オーナーシップ制度を行う。地域の農業者が栽培した黒豆を、地域の食品加工業者で商品化し、道の駅で販売する。黒豆オーナーシップ制度により、一般消費者を巻き込んだ生産活動を実施することで、「庄和黒豆」「庄和=黒豆」といった地域性を前面に押し出した独自ブランド確立、一定の市場を確保する。
 オーナーの農作業体験により、道の駅の利用率を高め、黒豆以外の野菜直売や飲食利用の増加も目指す。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高:4,306万円(平成23年度)
  • 地域ブランド「庄和=黒豆」の確立
  • 地域外から庄和地区への集客数増加
  • 庄和地域の耕作放棄地(休耕田)の解消

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社道の駅庄和
所在地:
埼玉県春日部市上柳995
電話番号:
048-745-1481
FAX番号:
048-613-3545

認定日:2009年3月19日



このページの先頭へ