本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[埼玉県] [2008年度 第2回認定]
国産有機大豆と国産有機野菜を使用した新商品開発

連携体 中小企業者:(株)ヤマキ(食品製造・小売業)
農林漁業者:(有)豆太郎(農業)
連携参加者:
サポート機関等 地域活性化支援事務局

事業概要

有機JAS栽培による野菜・大豆

有機JAS栽培による野菜・大豆

連携の経緯

(株)ヤマキは、有機JAS原料を加工して、以前から醤油・味噌などを製造していた。数年前より安定した有機原料を確保するため、(有)豆太郎と協力して有機栽培原料の生産拡大を推し進めてきたが、天候などの影響で規格外品が多く発生することがあった。今回の事業では、この有機栽培原料の規格外品をペースト加工し、国産有機大豆、国産有機野菜を使用した、希少性・安全性の高い新商品を開発する。


(左)ダブル国産有機野菜豆腐(右)ダブル国産有機豆乳飲料

(左)ダブル国産有機野菜豆腐
(右)ダブル国産有機豆乳飲料

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

本事業で製造・販売するダブル国産有機野菜豆腐、およびダブル国産有機豆乳飲料は、食品添加物を使用せず、しかも国産・有機JAS認定の野菜を材料として使用しているため、食の安全、トレーサビリティという観点から高い訴求力を有している。
 また豆腐、果実・野菜ジュースともに、国産有機原料を使用したものは市場にほとんどなく、国産の安心・安全を求める層を中心に、需要の拡大が期待できる。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・約2億円(平成25年度)
  • 本連携に伴う新規雇用創出者数・・・6名(平成25年度・連携体全体)
  • 規格外品の活用により、農業生産性の飛躍的拡大が期待できる。

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社ヤマキ
所在地:
埼玉県児玉郡神川町下阿久原955
電話番号:
0274-52-7070
FAX番号:
0274-52-7071

認定日:2008年12月16日



このページの先頭へ