本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[佐賀県] [2009年度 第2回認定]
佐賀県産イチゴ“さがほのか”の日本酒ベースリキュールの開発と需要開拓

佐賀県のブランドいちごである”さがほのか”の規格外品を活用して、若い女性を主たる顧客とした日本酒ベースの和のリキュールを開発し、需要開拓を行う。

連携体

農林漁業者 古川苺園、高取農園(以上、農業)

“さがほのか”の生産・出荷の過程で発生する規格外品をリキュール製造用に供給する。
中小企業者 大和酒造(株)(飲料・たばこ・飼料製造業)

“さがほのか”を使用した日本酒ベースの和のリキュールを開発し、飲食店や慶事関係業者などへの販路拡大を目指す。
連携参加者 JAさが(協同組合)、佐賀県工業技術センター(地方公務)

JAさがは規格外いちごの供給不足の際の補完を行い、佐賀県工業技術センターはリキュール開発を支援する。
サポート機関等 佐賀県商工会連合会、佐賀市北商工会、地域活性化支援事務局

連携の経緯

大和酒造(株)は、清酒需要の減退対応策としてリキュールの開発を検討していた中で、佐賀県産いちごにはブランド力があるものの、いちご生産農家及びJAさがは2割程度発生する規格外品の活用に腐心してることを知った。そこで、“さがほのか”の規格外品を有効に活用したリキュールの開発と販路開拓に取り組むこととなった。

連携に当たっての課題や工夫

果実の色が濃く、香りの強いリキュール原料用に適したいちご栽培技術等の改良に取り組むとともに、リキュールは、女性をターゲットに、日本酒の芳醇な香りといちごの香りをミックスした上質な味に仕上げ、アルコール度数も抑えるとともに発泡性も持たせる。


連携による効果

農林漁業者 5年で1,622万円の売上高増加、規格外品の有効活用と生産規模拡大

規格外いちごをリキュール用として供給することで、高い収益性が期待され、規模拡大も可能となる。
中小企業者 5年で1,800万円の売上高増加、佐賀県産いちごブランド“さがほのか”の確立

佐賀県産のいちごを活用したリキュール開発により、生食用いちごと連動したブランドの確立が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
大和酒造株式会社
所在地:
佐賀県佐賀市大和町大字尼寺2620
電話番号:
0952-62-3535
FAX番号:
0952-62-3536

認定日:2010年1月29日



このページの先頭へ