本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[大阪府] [2012年度 第3回認定]
兵庫県産の「日本のへそごま(金ごま)」と白ごまを用いた新商品の開発・製造・販売

希少な国産ごまの栽培の拡大と、無農薬・無化学肥料で栽培した兵庫県産ごまを使った新商品の開発・製造・販売を行う。

連携体

農林漁業者 JAみのり(農業)

現在栽培している金ごまのさらなる栽培普及に加えて、新たに白ごまを栽培し、栽培拡大に努め、安定供給を行う。
中小企業者 (株)和田萬商店(食料品製造業)

無農薬・無化学肥料で栽培した兵庫県産金ごまや白ごまを使ったドレッシング、プリン等の新商品の開発、販売を行う。
連携参加者 日乃本食産(株)(食料品製造業)

ごま豆腐の製造技術を活かし、ごま豆腐プリンのOEMを行う。
連携参加者 (株)高橋商店(食料品製造業)

伝統的な手法で製造した醤油を用いて、国産ごまの風味を活かし、ドレッシングのOEMを行う。
サポート機関等 (財)大阪国際経済振興センター、(独)中小企業基盤整備機構近畿本部

連携の経緯

(株)和田萬商店は、炒りごまやすりごまのBtoB販売を主に行ってきたが、収益性の改善のため、希少な国産ごまを用いた付加価値の高い自社製品開発の検討を続けてきた。一方、JAみのりは、新たな農作物としてごまの栽培に取り組み始めており、安定的な販路と栽培農家を拡大するための方策を模索していた。そこで両者の思惑が一致し、連携して、無農薬、無化学肥料で栽培した金ごまや白ごまを用いた新商品の開発に取組むこととなった。

連携に当たっての課題や工夫

JAみのりは無農薬・無化学肥料でごまを栽培し、乾燥期間を長くして追熟することで香りと味を向上させ、付加価値を高める。(株)和田萬商店は高度な選別技術と焙煎技術を活かし、健康志向で食の安全に関心が高い消費者をターゲットとし、ドレッシングやプリン等の加工度の高い新商品の開発・製造・販売を行う。


連携による効果

農林漁業者 5年で308万円の売上高増加、本事業によりごまの作付面積2.2ha増加

米作農家の水田の有効利用により、農業経営の安定に貢献すると期待される。
中小企業者 5年で5,035万円の売上高増加、無農薬・無化学肥料の国産ごま商品の普及促進

加工度の高い自社商品を開発し、販路拡大を図ることにより、売上の増加と収益性の改善が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社和田萬商店
所在地:
大阪市北区菅原町9-5
電話番号:
06-6364-4387
FAX番号:
06-6364-7380

認定日:2013年2月 4日



このページの先頭へ