本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[大阪府] [2010年度 第1回認定]
新品種の韃靼米蕎麦とこれをGABA(ギャバ)富化した国内産原材料を用いた蕎麦粉・蕎麦茶・シリアル等の食材と食品の開発・製造・販売

韃靼蕎麦の種類である韃靼米蕎麦を栽培し、希少な国産原料として安心・安全な蕎麦粉、ミックス粉、剥き実、蕎麦茶、シリアル、ポン菓子等の健康食品を開発・製造・販売する。

連携体

農林漁業者 農業生産法人(株)アルプス・ファーム(農業)

新品種韃靼米蕎麦の栽培に適した気候の農地を有効活用することによって、新品種韃靼米蕎麦の種子を栽培し、乾燥等の一次加工を行い、三宅製粉に提供する。
中小企業者 三宅製粉(株)(食料品製造業)

(1)新品種韃靼米蕎麦の種子の提供(2)韃靼米蕎麦を用いた新しい蕎麦粉、ミックス粉等の各種健康商品群の開発・製造販売(3)GABA富化を行なった韃靼米蕎麦を用いた高付加価値商品群の開発・製造・販売
サポート機関等 (独)中小機構近畿

連携の経緯

三宅製粉(株)は加工適性(特に脱皮性が良い)の高い韃靼蕎麦の新品種韃靼米蕎麦による本事業を計画し、栽培コストを下げ、高品質で安定的な収量を求めていたところ、北海道で広大な土地を持ち、長期間安定した収入を求めて優良な蕎麦を生産する農業生産法人アルプス・ファームと出会い、お互いの思惑が一致し連携に至った。

連携に当たっての課題や工夫

アルプス・ファームは北海道南部の休耕田や未開拓地に栽培を拡大する。アルプス・ファームが栽培した国産の韃靼米蕎麦を原材料として、三宅製粉(株)が韃靼米蕎麦とこれをGABA(アミノ酸の一種で抗ストレス作用等があると言われている)富化(韃靼米蕎麦を加湿しGABAを増やす)し、種々の商品を開発・製造・販売する。アルプス・ファームの土地と生産設備、三宅製粉(株)の加工技術と販路を活用した連携を構築した。


連携による効果

農林漁業者 5年で8千万円の売上高増加、休耕田・未開拓地140ha以上を活用し耕作地拡大

農地の活用が図られるだけでなく、未開拓地などの耕作地拡大による蕎麦の自給率の向上に貢献すると期待される。
中小企業者 5年で2億円超の売上高増加、新規雇用2名の増加、商品構成の強化

希少な国内産で安心・安全な原材料を使った"韃靼米蕎麦"を加工してGABA富化した韃靼米蕎麦粉、胚芽粉、蕎麦茶と蕎麦粉及びシリアル等の高付加価値商品を開発し、業績の向上が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
三宅製粉株式会社
所在地:
大阪府大阪市生野区桃谷3丁目2番5号
電話番号:
06-6731-0095
FAX番号:
06-6731-0094

認定日:2010年6月15日



このページの先頭へ