本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[大阪府] [2009年度 第1回認定]
空き倉庫などを活用して特殊な菌床(ほだ)で栽培した、もぎとりができる「なにわ椎茸」の開発と販売

独自開発した特殊菌床により栽培した「なにわ椎茸」のブランド化と肉厚な椎茸の活用による加工食品の開発・販売

連携体

農林漁業者 株式会社椎茸ジャパン(農業)

特殊な菌床(ほだ)と独自ノウハウを用いて栽培した、大きく、肉厚な「なにわ椎茸」の安定生産・安定供給を図る。
中小企業者 フーズバンクインターナショナル株式会社(食料品製造業)

「なにわ椎茸」ブランドの、生椎茸、乾燥椎茸、菌床(ほだ)の販路拡大と加工食品の開発と全般的な営業戦略を図る。
連携参加者
サポート機関等 大阪府中小企業団体中央会

連携の経緯

(株)椎茸ジャパンは、空き倉庫などを活用した独自の生産システムを確立し、大阪での地産地消を目的に、特別栽培で「なにわ椎茸」を栽培してきた。一方、フーズバンクインターナショナル(株)は、食の安心・安全・健康・自然をキーワードに、商品開発と販路開拓を行ってきた。高付加価値商品、地域ブランド(なにわ椎茸)の確立を目指し当事業での連携を開始するに至った。

連携に当たっての課題や工夫

料理の脇役として使用されがちな椎茸を、主役としての取り扱いへの課題。(株)椎茸ジャパンは独自ノウハウを用い、傘直径が大きく、肉厚でもぎとりができる「なにわ椎茸」を栽培する。フーズバンクインターナショナル(株)は「なにわ椎茸」の特長を活かした椎茸の販売と加工食品開発に取り組む。椎茸には、ビタミン等が多く含まれ、食べて効く食品である。健康、安心、安全を志向する顧客をターゲットとし、新しい販路を開拓していく商品である。


連携による効果

農林漁業者 売上高:3,000万円(平成26年目標) 地元雇用6人の増加

なにわ椎茸は年中安定して栽培でき、大きい、肉厚、ジューシーと高品質であるため、高い収益性が期待できる。
中小企業者 売上高:5,000万円(平成26年目標) 地元雇用5人の増加

食材の特徴を活かした付加価値の高いメニュー開発、市場を開拓し、商品力の強化が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社椎茸ジャパン
所在地:
大阪府豊中市上津島1-10-32
電話番号:
06-6866-2838
FAX番号:
06-6866-2824

認定日:2009年7月 6日



このページの先頭へ