本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[沖縄県] [2009年度 第3回認定]
豊かな自然を活かした飼育環境による「寿豚」のブランド化再構築及び商品開発と販路拡大

畜産業者が放牧によるストレスのない豚飼育・生産を行い、中小企業者がその肉を活用し独自の技術を活用した新たな加工品開発及び販路開拓を行う。

連携体

農林漁業者 農業生産法人株式会社ナゴさくら(農業)

放牧によるストレスのない豚飼育及びオガコ発酵飼料を用いることによる肉質の検証を行い高質な豚肉生産に取り組む。
中小企業者 (有)丸市ミート(食肉卸売業)

独自の技術を活用した熟成を行うことで肉の付加価値を高め、加工品の開発及び国内外への販路拡大を図る。
連携参加者 国立大学法人琉球大学(大学)

放牧やオガコ飼育によるストレス軽減及び肉質改善について農業者と協同で研究を行う。
サポート機関等 地域活性化支援事務局

連携の経緯

豚肉価格下落のなか、畜産業者は必然的に生産性を高めるための取組を行わざるを得なくなり、商品差別化を図るには難しい状況となっている。ブランド豚が多々市場に出回る中、差別性を打ち出すことが畜産業者及び食肉卸売業双方にとって有益であるとの考えのもと、お互いが有するノウハウを活かして特徴のある豚肉生産を行い、商品開発及び販路開拓を行うという計画に至った。

連携に当たっての課題や工夫

差別性のある豚肉生産のため、農業生産法人(有)ナゴさくらでは、これまでにも共同研究実績がある琉球大学とともに放牧による豚のストレス軽減、オガコ生産による肉質改善の検証に取り組む。また、(有)丸市ミートでは、独自の技術を活用した熟成を行い付加価値の高い新商品を開発し、国内外への販路拡大を図る。


連携による効果

農林漁業者 4年で約2,700万円の売上高増加、豚の肉質改善による収益拡大

オガコ発酵飼料を用いた放牧飼育を行うことで豚のストレス軽減や肉質が改善され、商品力の向上及び生産量増加が期待さ れる。が期待される。
中小企業者 4年で約5,600万円の売上高増加、高付加価値な肉として販路拡大

肉質が改善された豚肉を独自の熟成技術で付加価値を高め商品力の向上を図る。それにより差別性がある精肉や加工品の開発が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
有限会社丸市ミート
所在地:
沖縄県浦添市西洲2-9-3
電話番号:
098-875-0155
FAX番号:
098-875-0139

認定日:2010年3月 8日



このページの先頭へ