本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[沖縄県] [2008年度 第3回認定]
沖縄本島南部島尻地方のミネラル土壌で生産された「糸満市喜屋武産にんじん」と「八重瀬町産ピーマン」を活用した“産地限定野菜”の惣菜・加工食品の開発及び販路開拓

連携体 中小企業者:(有)みどり食品(食品製造業)
農林漁業者:仲西栄二、久米敬助、新里聡(農業)
連携参加者:
サポート機関等 地域活性化支援事務局

事業概要

糸満市喜屋武産にんじん

糸満市喜屋武産にんじん

連携の経緯

沖縄県内量販店や飲食市場向けに惣菜、加工食品の製造販売を行っている(有)みどり食品は、産地限定野菜を活用した付加価値の高い商品開発に取組む機会をうかがっていたところ、規格外の野菜の活用を模索していた地元八重瀬町及び糸満市の農業者と連携し、本事業に取り組むこととなった。


八重瀬町産ピーマン及びピーマン畑

八重瀬町産ピーマン及び
ピーマン畑

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

沖縄本島南部のミネラル土壌で栽培される糸満市喜屋武産にんじんと八重瀬産ピーマンは、味・栄養価とも高く評価され、県内外に青果として出荷されている。本事業では、商品開発・製造ノウハウ、販路を有するみどり食品が「産地がわかる野菜」を使用し、素材そのものが持つ味・栄養面の強みを活かした新たな惣菜(チャンプルーシリーズ等)や加工食品(漬物、スープ、菓子、茶等)を開発し、県内外の量販店、ファーマーズマーケット、飲食店や学校給食などの販路を開拓する。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上げ高・・・24,800,000円(平成23年度)
  • 農産物の売上高・・・3,550,000円(平成23年度)
  • 未利用農産物の有効活用
  • 地元野菜のブランド確立

代表企業等の連絡先

代表者:
有限会社みどり食品
所在地:
沖縄県島尻郡八重瀬町字港川222
電話番号:
098-998-3410
FAX番号:
098-998-5326

認定日:2009年3月 4日



このページの先頭へ