本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[沖縄県] [2008年度 第3回認定]
新たな利用法によるサトウキビの高付加価値化事業

連携体 中小企業者:(株)バガス(食品製造業)
農林漁業者:農業生産法人(株)サン・ムー東(農業)
連携参加者:
サポート機関等 地域力連携拠点(那覇商工会議所)、地域活性化支援事務局

事業概要

粉末サトウキビ食物繊維

粉末サトウキビ食物繊維

連携の経緯

サトウキビ生産や砂糖消費が低迷する中、(株)バガスは、製糖原料用に特化しているサトウキビの新たな製品の多様化と食の安心・安全の確保に取り組んできた。生産者と一体となり、環境等への影響を最小限に抑えた生産方式を確立し、より付加価値の高いサトウキビの安定生産及び経営改善を目標に掲げ本事業を実施するに至った。


サトウキビ畑

サトウキビ畑

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

従来、肥料としてしか利用されていない搾りかす(バガス)の高い栄養成分に着目し、粉末食物繊維を中心とした高付加価値の食品を商品化する。また、増量材や結着材として利用し、栄養成分を高め原料コストの削減につついても見込めることから食品メーカーへの提案も考えている。
 健康志向が高まっている中、粉末食物繊維を含んだ商品は、幅広い需要が見込まれ、外食産業をはじめ学校給食、病院等へ販路を開拓していく考えである。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上げ高・・・40,800,000円(平成23年度)
  • 農産物の売上高・・・2,400,000円(平成23年度)
  • 新たな農業ビジネスモデルの開拓
  • 農産物の高付加価値化
  • 循環型高所得農業の形成

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社バガス
所在地:
沖縄県那覇市1-2-8サンハイツ松山1-C
電話番号:
098-861-7524
FAX番号:
098-861-6687

認定日:2009年3月 4日



このページの先頭へ