本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[沖縄県] [2008年度 第1回認定]
沖縄在来種アカバナーを活用した農商工連携による多様な商品開発と販路開拓

連携体 中小企業者:(株)沖縄バヤリース(清涼飲料水製造業)
農林漁業者:農事組合法人沖縄長寿薬草生産組合(工芸農産物農業)
連携参加者: 
サポート機関等 食料産業クラスター、地域活性化支援事務局

事業概要

沖縄在来種ハイビスカス(アカバナー)

沖縄在来種ハイビスカス(アカバナー)

連携の経緯

(株)沖縄バヤリースは、地元の素材を活用した新たな商品開発を模索する中で、未開発の地域資源ハイビスカスへ着目していた。そこで、同じ南城市に所在しハイビスカスの栽培及び加工について豊富な経験・ノウハウを有し、ハイビスカスへの思い入れの強い農事組合法人沖縄長寿薬草生産組合と連携することとなった。また、ハイビスカスが南城市の市花であることなどから、連携することで地域産業興しの一環になればと考えている。


ハイビスカス花茶

ハイビスカス花茶

新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

ハイビスカスを使った商品は、これまでにも開発されてはいるが殆どが、花びらを乾燥させた茶葉のパック詰め商品で、厳密には別種のローゼルを原料にした海外産が主となっており、沖縄在来種のハイビスカスを使用した商品が少ない。本事業では、有機農業栽培による農産物の出荷から製造・販売までのシステムを確立し、既存の設備力及び製造技術力を生かし廉価で機能性に優れた花茶飲料、エステドリンク、濃縮エキス・パウダーの開発に取り組み県内外の小売店、エステスパ業界、食品産業への市場開拓を行う。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・・・・・1億円(平成24年度)
  • 地域ブランド「アカバナー」の確立
  • 沖縄在来種「アカバナー」の安定栽培技術
  • 農作物の高付加価値

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社沖縄バヤリース
所在地:
沖縄県南城市大里字古堅1208
電話番号:
098-945-3381
FAX番号:
098-945-0005

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ