本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

J-Net21とはメルマガ登録RSS一覧サイトマップブログパーツ
J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト
あなたのビジネスを、公的機関がバックアップ!
検索エリア
中小機構 独立行政法人 中小企業基盤整備機構

  • 起業する
  • 事業を広げる
  • 経営をよくする
  • 支援情報・機関を知る
  • 資金を調達する
  • 製品・技術を開発する
  • ニュースを見る

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[岡山県] [2009年度 第3回認定]
我が国では馴染みのない「ちしゃとう」の栽培、商品化及び販路拡大

我が国において流通量の少ないちしゃとうを栽培し、年間を通して安定的に商品供給ができるよう冷凍加工を行い、外食産業学校給食等への業務用食材として全国に販路拡大を図る。

連携体

農林漁業者 全農岡山県本部(協同組合)

ちしゃとうの栽培を各地域の農協を通じて農家に推進していくとともに、営農指導、集荷を行う。
中小企業者 大森食品(株) (飲食料品卸売業)

ちしゃとう使った新たなレシピ開発を行うとともに、業務用食材として全国に販路を拡大する。
サポート機関等 (財)岡山県産業振興財団、地域活性化支援事務局

連携の経緯

大森食品(株)は、「ちしゃとう」が中国では大量に消費されているものの、国内での栽培実績が少ないことに着目し、地元の農協を通じて実験栽培を行なったところ、日本でも栽培できることが確認でき事業化への目途がついた。しかし大森食品(株)が必要とする量を確保するためには、大規模な集荷能力と営農指導能力を持つ全農の協力が必要であり、今回の連携に至った。

連携に当たっての課題や工夫

岡山県内で広く栽培を進めていくためには、栽培されたちしゃとうの効率的な集荷が必要であった。そこで、農家から各農協に集荷されたちしゃとうを配送作業を終えた空荷の大森食品(株)のトラックを有効活用することとし、両者の物流コストの低減を可能とした。


連携による効果

農林漁業者 5年間で6,370万円の売上高増加、地域特産品化による収益向上

ちしゃとうは年2回収穫することができ農作業の負担も比較的少ないため、農家の収益性の向上が期待される。
中小企業者 5年間で2億1,450万円の売上高増加、収益性の向上、新規販路開拓

ちしゃとうは国内でほとんど流通していないこともあり、差別化による高い収益性とともに新たな販路の開拓が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
大森食品株式会社
所在地:
岡山県岡山市北区大内田828-2
電話番号:
086-293-1144
FAX番号:
086-293-7373

認定日:2010年2月26日



このページの先頭へ

  • ホーム
  • リンク集
  • サイト利用条件
  • ご意見・お問い合わせ
  • このサイトは独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営しています

Copyright(c) Organization for Small & Medium Enterprises and Regional Innovation, Japan All rights reserved.