本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[岡山県] [2008年度 第3回認定]
真庭地域の木質系バイオマスを活用した、木粉油吸着材の商品開発及び製造・販売

連携体 中小企業者:真庭バイオエネルギー株式会社(小売業)
農林漁業者:真庭木材事業協同組合(木製品製造業)
連携参加者:株式会社フォレストこいで(林業)
サポート機関等 真庭商工会、中小機構中国地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

真庭市は古くから西日本の木材需要を支える地域として栄えてきたが、昭和55年をピークに林業就業者数及び林業産出額とも減少が続いている。このような中、真庭市は森林資源を中心とした生物資源を再利用することによる循環型地域社会の創造を目指しており、このミッションを実現するために、本事業の申請者である3事業者はこれまでそれぞれ独自の活動を行っていた。しかし、今回、お互いの経営資源を有効に活用し、間伐材や林地残材を活用た新たな商品を開発し、需要を開拓していくということで目的が一致し、連携して事業を行うこととなった。


林地残材の活用

林地残材の活用

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

低コストで木材の伐採・収集・搬出ができる能力を持つ林業者の(株)フォレストこいでと木材加工品の安定的な供給能力を持つ真庭木材事業協同組合、及び全国に販売 ネットワークを持つ真庭バイオエネルギー(株)がそれぞれ連携し、類似品と同等の油吸着機能があり、かつ価格競争力が高いと思われる木粉を原材料とした油吸着材を生産し、金属加工工場や自動車整備工場などを主なターゲットとして市場開拓を行っていく。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 真庭地域の木質系バイオマス資源の活用促進
  • 間伐材及び林地残材の有効活用による林業の活性化
  • 真庭地域の森林環境の保全
  • 事業化にともなう雇用機会の創出

代表企業等の連絡先

代表者:
真庭バイオエネルギー株式会社
所在地:
岡山県真庭市富尾218
電話番号:
0867-42-7210
FAX番号:
0867-42-7215

認定日:2009年2月26日



このページの先頭へ