本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[大分県] [2008年度 第2回認定]
大分特産の高品質乾しいたけの加工用安定調達システムの確立と新商品開発及び需要の開拓

連携体 中小企業者:(株)姫野一郎商店(卸売・小売業)、(有)姫野食品(製造業)
農林漁業者:河原 定一(農業)
連携参加者:河原 武(農業)、沖 満(農業)
サポート機関等 (財)大分県産業創造機構(地域力連携拠点)、大分県商工労働部、地域活性化支援事務局

事業概要

しいたけレトルトパック

連携の経緯

(株)姫野一郎商店は、高級乾しいたけの卸・小売を行う中で、取引先より「地域独自色のある加工品」に対する市場のニーズを感じ、関連企業の(有)姫野食品とともに加工品の開発に着手していた。
 一方、高級乾しいたけ生産者の河原定一は、相場変動の激しい乾しいたけ市場で将来にわたって安定した収益を得るため、加工用原材料の供給を模索しており、既に取引のあった(株)姫野一郎商店と連携しWin-Winの需給体制を構築することとなった。


やわらかどんこ椎茸のふくめ煮

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

箱売りでも充分高級ギフトとして通用する「大分産乾しいたけ」の味、香り、ブランドイメージをそのままに、消費者の利便性を飛躍的に向上させる「大分産“戻し”しいたけレトルトパック」や、「やわらかどんこ椎茸のふくめ煮」、新たな郷土料理「椎飯」等を開発・販売する。
 安価な商品が大勢を占める「乾しいたけ加工品」市場で本物志向の消費者需要開拓を図る。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 最終製品売上高目標・・・54,780千円
  • 本連携に伴う新規雇用創出者数・・・2名(加工従事者)
  • 生産者高齢化、後継者不足等に悩む地域しいたけ産業の活性化につなげ、新規参入、事業承継者等の増加を図る。

代表企業等の連絡先

代表者:
(株)姫野一郎商店
所在地:
大分県竹田市竹田町235番地
電話番号:
0974-63-2853
FAX番号:
0974-63-0528

認定日:2008年12月 9日



このページの先頭へ