本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[新潟県] [2009年度 第2回認定]
旅館や飲食店などのプロの料理人たちが提供する「からいすけ料理」の 食文化創造と地域連携事業

かぐら南蛮を使った料理・レシピを開発し、これによる食の提案を行い、域内連携により地域の活性化を図る。

連携体

農林漁業者 (農)滝の又農産(農業)

栽培に適した岩原地区のスキー場等、伝統野菜の栽培技術を活かし、新たにかぐら南蛮の栽培及び苗の育成を行う。
中小企業者 (同)からいすけ本舗(食料品製造業)

加工食品製造技術を活用し、プロの料理人の調理材となる「かぐら南蛮味噌」等を開発・製造する。
連携参加者 湯沢かぐら南蛮生産者グループ(農業)、NPO法人ゆ(その他の教育、学習支援事業)、湯沢温泉旅館商業協同組合(宿泊業)、湯沢温泉通り(事)(飲食店)

かぐら南蛮の栽培技術等を提供し、生産を支援する。かぐら南蛮料理の普及促進講習会等の企画運営・販促を行う。
サポート機関等 地域活性化支援事務局、新潟県中小企業団体中央会

連携の経緯

新食材を開発し、湯沢地域の目玉となる料理によって、まちの活性化を図ることが課題であると認識する有志が自然と集まり、(合)からいすけ本舗を設立した。からいすけ料理の食文化を創造するため、安定的供給先の確保を求めていたところ、趣旨に賛同した(農)滝の又農産と連携することとなった。

連携に当たっての課題や工夫

かぐら南蛮はその成熟度によって辛さや甘みが異なる。伝統野菜の栽培技術だけではなく、摘取技術、また、プロの料理人の協力による新たな食材を活用した料理の提案による「からいすけ料理」の食文化を創造し、「かぐら南蛮」食文化の発信基地として湯沢を全世界に発信する。


連携による効果

農林漁業者 5年で370万円の売上高増加、自家消費農業からの脱却

農業収入の向上に加え、加工食品の年間製造による生産効率の向上と新たな雇用創出の効果が見込める。
中小企業者 5年で1,230万円の売上高増加、地域ブランド「からいすけ料理」の確立

かぐら南蛮を活用した調味料と「からいすけ料理」の普及により、収益の増加と地域ブランドの創造が図れる。

代表企業等の連絡先

企業等名:
合同会社からいすけ本舗
所在地:
新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢488-1
電話番号:
025-784-2540
FAX番号:
025-784-4112

認定日:2009年11月20日



このページの先頭へ