本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[奈良県] [2008年度 第2回認定]
奈良県産柿の有効利用に資する新商品の開発・製造および販売事業

連携体 中小企業者:石井物産(株)
農林漁業者:奈良県農業協同組合
連携参加者:奈良県農業総合センター
サポート機関等 奈良県、(財)奈良県中小企業支援センター、地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

石井物産株式会社は、日本有数の柿産地を背景に、「柿けーき」など柿を用いた菓子類の開発・販売を行う中で、従来廃棄されていた柿の摘果果実等を活用し、更なる高付加価値商品の開発を計画した。そこで、以前より取引のある奈良県農業協同組合と当事業について連携を開始した。
 一方、奈良県農業総合センターは、柿渋(柿タンニン)の新製造技術を確立しており、石井物産株式会社の柿渋製造をこの技術でサポートするため、連携に参加することとなった。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

本物の柿のヘタをあしらう秀逸なデザインで好評を博する「柿けーき」等の経験を生かし、風味豊かな柿果実のみを原料とする事業概要(連携の経緯、商品等の新規性・市場性・競争力)摘果果実柿まんじゅう柿餡を包み、外観を柿そっくりにデザインした新商品「柿まんじゅう」を開発し、市場開拓を行う。また、「柿けーき」、「柿まんじゅう」で利用するヘタを取り除いた後の果実等から「柿渋」を生産し、主に染色材や塗料として奈良県の地場産業を中心に市場開拓を行う。この取組は、地域名産品の開発にも資することとなる。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・8,950万円(平成25年度)
  • 本連携に伴う新規雇用創出者数・・・3名(平成25年度・連携体全体)
  • 地域ブランド「柿まんじゅう」、「柿タンニン」の確立

代表企業等の連絡先

代表者:
石井物産(株)
所在地:
奈良県五條市西吉野町八つ川458
電話番号:
0747-34-0518
FAX番号:
0747-34-0508

認定日:2008年12月 8日



このページの先頭へ