本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[奈良県] [2008年度 第1回認定]
カラハリスイカを原料とした新健康食品の開発・製造・販売

連携体 中小企業者:田村薬品工業(株)(製造業)
農林漁業者:奈良県農業協同組合
連携参加者:(株)植物ハイテック研究所(農学研究所)
サポート機関等 奈良県、(財)奈良県中小企業支援センター、地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

田村薬品工業(株)は、自社内に薬草園を設けるなど未来にチャレンジする健康開発企業として新製品の開発に取り組んでいる。その中で、アフリカ原産のカラハリスイカと出会い、豊富に含まれる天然シトルリンを素材とする健康食品の商品化を行う。
 大和スイカの生産拡大と遊休農地活用を進めていた奈良県農協は、ノウハウを活かして、原材料となるカラハリスイカの生産を担当し連携体を構成する。


新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

カラハリスイカは、天然シトルリンを多量に含む。これは抗酸化作用に富み、合成シトルリンに比し10倍の抗酸化作用を持つ。これを原料とした、機能性ドリンク、清涼飲料、固形剤を、「カラハリスイカ」ブランドの新健康食品群として商品化する。カラハリスイカは、ボツワナ共和国の農務省と日本で唯一、奈良先端科学技術大学院大学が契約を交わし、共同研究を行った素材である。同大学のベンチャー企業である(株)植物ハイテック研究所が連携体参加者となり、田村薬品工業(株)が、自社の販路を活用し、健康志向で注目されているシトルリン応用商品分野において、“オンリーワンの健康食品”として市場展開していく。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・3.5億円(平成25年度)
  • 奈良県の新農産物「カラハリスイカ」の創出
  • 休耕地の解消(農地有効活用)
  • 地元雇用15名の増加
  • 健康ブランド「カラハリスイカシリーズ」の確立

代表企業等の連絡先

代表者:
田村薬品工業株式会社
所在地:
奈良県御所市西寺田50
電話番号:
0745-66-0381
FAX番号:
0745-66-1840

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ