本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[長崎県] [2009年度 第1回認定]
九十九島牡蠣の通年供給システムの構築と販路開拓

九十九島牡蠣を通年にわたり出荷できるよう、人工的に種苗生産を行い夏場牡蠣を商品化するとともに、国内だけでなく、海外、特に中国のマーケット開拓を行う。

連携体

農林漁業者 有限会社マルモ水産(鮮魚卸・養殖業)、永谷養殖(養殖業)

真珠養殖技術を活用して、種苗生産から養殖までを協同して実施する。
中小企業者 有限会社ベイプレイス(鮮魚卸業)

海外向け、主に中国向け販路開拓への強みを活かして牡蠣を販売するとともに、(有)マルモ水産の経営コンサルタントとして連携する。
連携参加者
サポート機関等 佐世保商工会議所、地域活性化支援事務局

連携の経緯

(有)マルモ水産は、関東中心に販路を有し、徹底した品質と衛生管理で売り上げを伸ばす中で、顧客から夏場も含めた通年供給を求められことが多く、さらに、中国からの要望もあった。真珠養殖の技術を活用して、夏牡蠣を生産することに成功したことから、事業化を目指すために夏牡蠣の生産に適した永谷養殖と海外販路開拓に強い(有)ベイプレイスと連携するに至った。

連携に当たっての課題や工夫

(有)マルモ水産は、九十九島牡蠣の通年供給システムの構築に必要な技術を有しており、種苗生産した稚貝を永谷養殖の協力を得て最適な環境の下で育成し、徹底した衛生管理の下、夏場でも安心・安全な牡蠣を出荷する。また、(有)ベイプレイスと協力して、国内外の販路開拓を進め、特にベイプレイスの情報網を利用して中国への販路開拓にも注力する。


連携による効果

農林漁業者 売上高:0円(平成20年)→2,550万円(平成26年目標)

夏牡蠣の生産を確立し、通年の牡蠣出荷及び中国への出荷により利益増大が期待できる。
中小企業者 売上高:0円(平成20年)→750万円(平成26年目標)

牡蠣の通年供給システムの構築により、販路拡大が期待できる。

代表企業等の連絡先

企業等名:
有限会社マルモ水産
所在地:
佐世保市船越町944
電話番号:
0956-28-0620
FAX番号:
0956-28-6350

認定日:2009年6月29日



このページの先頭へ