本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[長崎県] [2008年度 第1回認定]
地元産ブルーベリーを活用したジャム・ソースの開発・販売

連携体 中小企業者:(株)馬場長六商店(製造業)、堀内商事(株)(卸売業)
農林漁業者:(有)フロンティアアグリカルチャーながさき(農業)
連携参加者:長崎県工業技術センター、(株)プランツ(農業)
サポート機関等 佐世保商工会議所

事業概要

連携の経緯

(有)フロンティアアグリカルチャーながさき(FAながさき)は、ブルーベリーの栽培及び販売を行う中で、高付加価値化、生産農家の経営安定化を目指すため、加工品の開発を計画。以前より取引のあった加工業者と本事業について連携を開始。
 また、消費者に対して安心・安全な商品を提供するため、長崎県工業技術センターにおいて、原料であるブルーベリーの成分分析を行い、(株)プランツが加工品に最適な苗の選定及び生産技術の提供のため、連携に参加することとなった。


新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

高品質のブルーベリーの果実と最新式の設備を活かして「安心・安全・健康」なブルーベリーを原料としたジャム・ソースを開発。
 本事業で開発するブルーベリーのジャムとソースは、地元産の新鮮なブルーベリーを原料とするとともに、生産者、生産過程、種類及び成分を明示することで他社製品との差別化を図る。昨今の食の安全、健康志向に的を絞った製品であり、旧来のブルーベリーの顧客のみならず、健康を志向する層に対し、新たな需要開拓が見込まれる。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 最終製品売上高目標・・・・・・・1億円(平成25年度)
  • 本連携に伴う新規雇用創出者数・・・・・・・22名(平成25年度・連携体全体)
  • 新規取引先事業者数・・・・・・・70件(平成25年度までに)

代表企業等の連絡先

代表者:
堀内商事株式会社
所在地:
長崎県佐世保市光町109
電話番号:
0956-47-2127
FAX番号:
0956-48-5069

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ