本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[長野県] [2009年度 第1回認定]
新しいニンニク(食後ににおいが残らない)の商品化およびブランド化

新たに開発した食後ににおいが残らないニンニクを使った二次加工品の商品開発を行い、販路開拓とブランド化を行う。

連携体

農林漁業者 農業生産法人(有)にんにくふぁーむ(農業)

開発した新しいニンニクの栽培技術を活かし、遊休・荒廃農地を活用して安心・安全な新しいニンニクの量産に取り組む。
中小企業者 (株)オサダ(飲食料品卸売業)

新しいニンニク栽培技術確立への支援と、これを活用した二次加工品の商品開発・製造を行い、販路開拓する。
連携参加者 宮坂醸造(株)東久留米工場(食料品製造業)

これまで味噌製造、加工食品等を製造してきた実績をもとに、二次加工品の製造に関して支援する。
サポート機関等 (財)長野県中小企業振興センター、地域活性化支援事務局

連携の経緯

農産物卸売業である(株)オサダは味や香りは従来のままだが、食後ににおいの残らない新しいニンニクを研究・開発をしてきた。(有)にんにくふぁーむは無臭ニンニクを栽培してきた。両者が連携し「新しいニンニク」の栽培技術を確立し、二次加工品の商品化により販路開拓すると共に、中野市役所など行政や農業者の協力を得て、遊休荒廃農地を活用して安心・安全な新しいニンニクを低コストで量産することに取り組み、新しいニンニクのブランド化を目指す。

連携に当たっての課題や工夫

新しいニンニクは農薬を使用しないため、除草・防虫等に多大な人力を費やしており、能率向上を課題としてきた。(株)オサダとの連携により、高い収益性が期待できることから良質のニンニクを栽培し、生食用や二次加工品として全国展開による販売を目指す。また、専門家の協力を得て料理のレシピの研究やデザイン等新しい商品化に向けた開発を行い、組成分の分析や有効性の証明も行っていく。そして、(有)にんにくふぁーむは栽培技術の改良をすすめ良品質の安定を確保する。


連携による効果

農林漁業者 売上高:0円(平成21年)→ 8,330万円(平成24年目標)

新しいニンニクの生産量の拡大と共に、遊休・荒廃農地の解消や地域農業者の収入増加及び経営の安定に貢献する。
中小企業者 売上高:0円(平成21年)→ 9,600万円(平成25年目標)

新しいニンニクの流通および二次加工品の販路開拓により雇用創出とブランド化により地域に大きく貢献することが期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社オサダ
所在地:
長野県中野市大字江部297-6
電話番号:
0269-23-5111
FAX番号:
0269-23-1655

認定日:2009年6月29日



このページの先頭へ