本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[長野県] [2009年度 第1回認定]
新しい土耕栽培生産システムの開発によるベビーリーフ他各種野菜の安定供給

ビニールハウスでの培土トレイを活用した栽培生産システムを開発し、ベビーリーフ等各種野菜の夏場の安定供給を目指す。

連携体

農林漁業者 (株)アグリード川上(農業)

レタス・白菜の栽培技術を生かした土耕生産システムの試験栽培を行い開発協力する。また本システムにより生産を行いベビーリーフ他各種野菜の安定供給・販路拡大を行う。
中小企業者 (株)原田(その他の小売業)

新しい土耕作栽培生産システムを開発し、農家や高齢農家の集団営農・定年退職後の農起業者などへキット化して販売を行う。
連携参加者
サポート機関等 (社)長野県経営支援機構、上田商工会議所、地域活性化支援事務局

連携の経緯

(株)原田は、長野県南佐久・北佐久郡を中心に、レタスをはじめとした高原野菜向けの肥料育苗培土・農薬の販売を行っている。(株)アグリード川上は、新しい商品作物の栽培・販売を目的に設立した会社である。両者は、2年前より既存の育苗方式を利用したベビーリーフの栽培研究に共同で取り組んでおり、生産性の高い栽培システムの完成と販売、およびベビーリーフ他、各種野菜の安定供給をねらいとして連携した。

連携に当たっての課題や工夫

専用の培土トレイにより、夏季の高温障害で起こる発芽不良を改善し、より安定した栽培を行うことができる。培地リサイクル方式や高設移動式ラインの研究開発により、ベビーリーフ他各種野菜の生産効率の追求とそのデーター化を行い、双方の販路を開拓したい。


連携による効果

農林漁業者 売上高:0円(平成20年)→7,881万円(平成24年目標)

通年栽培が可能で、軽作業化・効率化を図ることができる。地域の新しい農業モデルとして活性化が期待できる。
中小企業者 売上高:0円(平成20年)→3,500万円(平成24年目標)

付加価値が高く、通年流通できる新商品となるため、経営の安定化に貢献する。

代表企業等の連絡先

企業等名:
>株式会社原田
所在地:
長野県南佐久郡南牧村板橋892-1
電話番号:
0267-98-3100
FAX番号:
0267-98-3110

認定日:2009年6月29日



このページの先頭へ