本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[宮城県] [2010年度 第3回認定]
地場野菜の旨みを生かした漬物のセミドライ加工食品の開発・製造と販路拡大

旬の野菜を乳酸発酵させ、漬物の味と風味を残す長期保存が可能なセミドライ加工食品の開発を行い、場所を選ばすに手軽に食べられる加工食品として販路拡大を行う。

連携体

農林漁業者 アグリ園ミヤウチ(農業)

野菜生産技術、品種の選定ノウハウ等を活用することによって、本商品に適した品種選定、栽培技術の開発を行い、旬の野菜を提供する。
中小企業者 グリーンライブ(株)(食料品製造業)

漬物屋の技術で、野菜の素材を生かし、漬物の味と風味を残すセミドライ加工食品シリーズを開発し、電車やバスの中でも手軽に食べられるおつまみ等として、販売する。
サポート機関等 宮城県商工会連合会、栗原南部商工会、(独)中小機構東北

連携の経緯

漬物の需要低迷に対応するため、漬物以外の新たな商品開発の必要性を考えていたグリーンライブ(株)と、燃料費の高騰により、冬~春期の野菜のハウス加温栽培から適期栽培へ転換し、経営の安定化を目指していたアグリ園ミヤウチが、地元野菜の有効利用をするための協議会の場を通じて連携に至った。

連携に当たっての課題や工夫

アグリ園ミヤウチは、土づくりに重点を置き、商品に適した野菜を提供する。グリーンライブ(株)は、漬物製造技術や低温乾燥制御ノウハウをもとに、ウェット感を保持し、場所を選ばず手軽に食べられる加工食品の開発を行い、漬物以外の商品で経営の安定化を図る。


連携による効果

農林漁業者 5年で320万円の売上高増加、収益性の改善

生産コストを抑えられる適期栽培の野菜の出荷量拡大により、収益の改善が期待される。
中小企業者 5年で7,200万円の売上高増加、経営の安定化

地元野菜の旨みを生かした漬物のセミドライ加工食品の開発・販売により、経営の安定化が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
グリーンライブ株式会社
所在地:
宮城県栗原市瀬峰新田沢12-11
電話番号:
0228-59-2305
FAX番号:
0228-59-2306

認定日:2011年2月 8日



このページの先頭へ