本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[宮城県] [2008年度 第3回認定]
生ワサビの販路拡大とワサビ加工品開発等による「薬莱ワサビ」のブランド化

連携体 中小企業者:奥田建設(株)(建設業)
農林漁業者:加美町わさび生産組合(農業)
連携参加者:
サポート機関等 地域活性化支援事務局

事業概要

ボックス式わさび栽培

ボックス式わさび栽培

連携の経緯

奥田建設(株)は、平成17年に異分野進出を目指しアグリ事業部を立ち上げ、加美町の協力を受けながら「薬莱山葵栽培園」を開設し、「薬莱ワサビ」のブランド化や加工品開発に取り組んできた。加美町わさび生産組合が保有施設でワサビ栽培を開始し、出荷計画が整ったことで、「薬莱ワサビ」の産地形成・ブランドの確立を目指した新たな取り組みを連携により行うこととなる。


薬莱わさびとその加工品

薬莱わさびとその加工品

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

本事業では、本ワサビの販売を促進するために、消費者が見て、触れることができる「わさび田」を新たに設置。また、ワサビ文化発信と消費者ニーズ把握のためのアンテナ機能を持つ「ワサビ茶屋」を設置し、生ワサビ、加工品、ワサビ料理を提供する。
 このように加美町を中心に総合的なブランド戦略を実施することにより、静岡、長野に続くワサビ産地としてブランド化を図る。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・8,460万円(平成25年度)
  • 本連携に伴う新規雇用者創出数・・・3名(平成25年度・連携体全体)
  • 「薬莱ワサビ」ブランド確立による地域経済活性化

代表企業等の連絡先

代表者:
奥田建設株式会社
所在地:
宮城県仙台市青葉区八幡六丁目9-1
電話番号:
022-275-2311
FAX番号:
022-275-3273

認定日:2009年2月17日



このページの先頭へ