本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[三重県] [2008年度 第1回認定]
日本初のタブノキから抽出したエキスを原料とするリキュールの製造・販売事業

連携体 中小企業者:神楽酒造(株)(製造業)
農林漁業者:近藤緑化(株)(農業)
連携参加者:(株)JTB中部
サポート機関等 地域活性化支援事務局

事業概要

農園のタブノキ

農園のタブノキ

連携の経緯

近藤緑化(株)はタブノキを栽培する中で、独自の技術でタブノキエキスを抽出することに成功。これをベースに化粧品を開発する中、タブノキエキスをアルコールで抽出した液体を原料とする新酒の開発に着手し、地元でリキュールの製造ノウハウを持つ酒造メーカーである神楽酒造(株)がリキュールを製造を行うことで連携を開始した。また、販売については、 (株)JTB中部が販売企画・販路開拓を行う。


タブノキ酒

タブノキ酒

新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

タブノキを剪定した枝をチップ化してエキスを抽出し、リキュールを製造するが、樹木からできた国産リキュール酒としては他に存在しない商品。また、原料に適したタブノキの確保や特許となっている製造ノウハウなど容易な参入が困難な商品である。タブノキの樹皮には植物由来の天然物であるリグナン類が多く含まれていることが知られており、エキスに由来する機能面の訴求を通じて市場開拓を行う。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の目標売上高…約2億円(平成25年度)
  • 埋もれている地域産品を活かす風土の確立
  • 地元事業者の連携モデル事業として植木・園芸業者の意識・意欲の向上
  • 三重県発の新酒として地元土産物店等での販売増進

代表企業等の連絡先

代表者:
近藤緑化株式会社
所在地:
三重県鈴鹿市矢橋1-23-4
電話番号:
059-382-6125
FAX番号:
059-383-1843

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ