本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[京都府] [2010年度 第3回認定]
伊根の養殖ブリ、マダイを活用した新しい米飯加工品の開発と販売

伊根産養殖ブリ及びマダイを活用し、地域の郷土料理として人気のある棒寿司、ばら寿司と、新たな品目として、てまり寿司、ライスバーガー、おにぎりを開発し販売を行う。また棒寿司、ばら寿司はギフトセット商品とし、需要開拓を行う。

連携体

農林漁業者 橋本水産(水産養殖業)

養殖ブリ及びマダイの計画生産による原材料の安定供給と、紫外線殺菌装置付流動海水氷を使用した鮮度保持を行う。
中小企業者 (株)加悦ファーマーズライス(食料品製造業)

伊根産養殖ブリ及びマダイを活用し「伊根のブリ棒寿司」、「伊根のブリ・マダイのばら寿司」、「伊根ブリ・マダイてまり寿司」、「伊根ブリ・マダイおにぎり」及び「ライスバーガー」を商品化し、既存販路であるサービスエリア、道の駅等での販売や新しくギフト市場の需要開拓を行う。
連携参加者 JF京都漁連伊根支所(漁業協同組合)

鮮度保持のための流動海水氷装置、冷凍設備の提供、養殖魚の切り身加工の受託加工、原材料不足時の調達と供給を行う。
サポート機関等 京丹後市商工会、(独)中小機構近畿

連携の経緯

ブリの棒寿司(試作)

ブリの棒寿司(試作)

伊根産養殖ブリの知名度の向上、ブランド化を目指し安定供給体制を確立し、販路先を探していた橋本水産と、地域性・独自性が高く、他社と差別化された商品開発が課題となっていた(株)加悦ファーマーズライスとの思いが合致し、連携に至った。

連携に当たっての課題や工夫

ばら寿司(試作)

ばら寿司(試作)

養殖魚の水揚げから加工処理までの品質の劣化に対し、紫外線殺菌装置付流動海水氷を使用することで鮮度を保持し、加工面では棒寿司の切り身加工で出る不要部分やカマ部分をそぼろにし、他のばら寿司等の商品に活用することで歩留まりを上げ、生産コストの低減を可能にしている。
 また、これまでの季節性の高いチルド食品主体から、新しく急速冷凍機の導入により、冷凍食品として通年の生産・販売を可能にすることで、量産体制の確保、工場稼働率の向上、安定雇用の実現を目指している。


連携による効果

農林漁業者 5年で2,130万円の売上高増加、計画生産の実施

契約養殖による売上増と経営の安定化、伊根産養殖ブリ・マダイの知名度の向上につながる。
中小企業者 5年で9,300万円の売上高増加、収益性の改善、地元雇用の増加

既存販路を活用した新商品の販売、新たにギフト市場の需要開拓を行うことで、売上拡大と収益増が見込める。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社加悦ファーマーズライス
所在地:
京都府与謝郡与謝野町加悦字香河424
電話番号:
0772-44-3630
FAX番号:
0772-44-3631

認定日:2011年2月 8日



このページの先頭へ