本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[京都府] [2009年度 第3回認定]
京都府産深蒸し被覆茶(ひふくちゃ)を使用した宇治茶では新しい茶葉である かぶせ日数をコントロールした「京ふか冠茶」の開発・販売

独自の栽培加工とブレンドにより、宇治茶では今までにない玉露の旨みと煎茶の飲み易さを持つ茶葉の開発と販売を行う。

連携体

農林漁業者 辻本製茶工場(農業)

消費者ニーズにマッチしたブレンド茶葉に必要な荒茶(やぶきた、おくみどり品種)を、畝ごとに最適な収穫管理により、独自のかぶせ期間・管理を実施し、品種ごとに最適な収穫時期を決定する茶葉の栽培方法により提供する。
中小企業者 (株)西出製茶場(食料品製造業)

玉露の旨みと煎茶の飲み易さを兼ね備えた新しい茶葉を開発し、手軽に本格的な緑茶を飲みたい消費者へ販路拡大する。
連携参加者 永谷茶業(株)(食料品製造業)

遠赤外線を使った茶葉の焙煎技術により、加工工程の製造の一部を支援する。
サポート機関等 京都府商工会連合会、山城地域ビジネスサポートセンター、地域活性化支援事務局

連携の経緯

玉露の旨みと煎茶の飲み易さを兼ね備えた宇治茶としての新ジャンル茶葉の開発を模索していた(株)西出製茶場と、その緑茶への想いや経営方針に共感し、独自の栽培技術を研究していた辻本製茶工場が新たな栽培方法を実施することで新ジャンル茶葉の開発が可能となり、連携に至った。

連携に当たっての課題や工夫

宇治茶はブランドイメージが高く、消費者ニーズが高い緑茶のひとつであるが、核家族化や消費者のライフスタイルの変化等により、手間がかからず熱湯で淹れてもおいしいという、毎日飲めるお茶としての機能は他産地から遅れを取っている。辻本製茶工場では、畝ごとに最適な収穫管理とかぶせ日数をコントロール等することにより、(株)西出製茶場が求める茶葉を栽培し、両社の収益性向上と販路拡大を目指す。


連携による効果

農林漁業者 5年で1,080万円の売上高増加、休止茶園210aの有効利用

宇治茶の新ジャンル茶葉の開発と栽培方法の研究で、宇治茶ブランドの更なる向上と自社の付加価値向上が期待される。
中小企業者 5年で2,000万円の売上高増加、地元雇用1名の増加

宇治茶の新ジャンル茶葉の事業展開を図ることにより、売上の増加と収益性の改善が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社西出製茶場
所在地:
京都府綴喜郡宇治田原町大字禅定寺小字東奥谷59番
電話番号:
0774-88-2200
FAX番号:
0774-88-5289

認定日:2010年2月18日



このページの先頭へ