本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[京都府] [2009年度 第2回認定]
滋賀県高島産の特別栽培大豆と稲わらを使用した天然わら納豆等の開発・販売

滋賀県の在来品種であり、味の良い大豆「みずくぐり」等を特別栽培し、特別栽培により生産した稲わらに付着した天然の納豆菌のみを活用して、なめらかで柔らかく保存期間の長い天然わら納豆等を開発し、販路開拓を行う。

連携体

農林漁業者 (有)グリーン藤栄、堀田金一郎(農業)

栽培期間中農薬・化学肥料不使用で高品質な米などを生産してきた栽培技術を活かし、大豆の本格生産に取り組む。
中小企業者 (株)ユーアンドミー(食料品製造業)

稲わらに付着した天然の納豆菌のみを活用し、大豆と稲わらを使用した天然わら納豆等の開発・販売を行う。
連携参加者 (株)アミタ持続可能経済研究所

農業者が行う環境共生型の米作りについて支援を行ってきた実績を生かし、開発から一貫したマーケティング支援を行う。
サポート機関等 滋賀県中小企業団体中央会、地域活性化支援事務局

連携の経緯

天然わら納豆

天然わら納豆

米飯消費の減少傾向の中、より美味しく安全安心な国産納豆の開発を模索していた(株)ユーアンドミーと、農薬・化学肥料を使用しない特別栽培の米作りに加え、本格的に大豆栽培に取り組む必要性を感じていた(有)グリーン藤栄、堀田金一郎の両者の思いが一致し、本事業に取り組むことにとなった。

連携に当たっての課題や工夫

滋賀県原産の大豆「みずくぐり」の栽培風景

滋賀県原産の大豆
「みずくぐり」の栽培風景

稲わらを包装材とし、人工の納豆菌で生産された納豆は他社から発売されているが、当連携商品は、稲わらに付着した天然の納豆菌のみを活用したものであり、その良さを強くアピールして差別化を図るデザインのパッケージ(ラベル)を作成する必要がある。
 また、高島地域の知名度を上げるため、各種情報発信やイベント等を通じて新たな顧客や商品群を創出し、高島ブランドの構築を目指す。


連携による効果

農林漁業者 5年で1,590万円の売上高増加、稲わら有効活用、大豆栽培面積3.8haに拡大

稲わらの有効活用や付加価値の高い農産物生産による環境保全型農業の推進、地域の食農教育の進展などが期待される。
中小企業者 5年で3,500万円の売上高増加、地元雇用創出、高島産納豆ブランド化

地元雇用2人の増加の他、天然の納豆菌を用いたわら納豆を開発、市場を開拓し、差別化できる商品力の強化が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社ユーアンドミー
所在地:
京都府亀岡市大井町並河2丁目7番17号
電話番号:
0771-24-8915
FAX番号:
0771-25-4155

認定日:2009年10月26日



このページの先頭へ