本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[京都府] [2008年度 第3回認定]
京丹後産にんにくの地域ブランド商品製造販売事業

連携体 中小企業者:(有)創造工房、(株)成和(以上、食料品製造業)
農林漁業者:井上満博、梅本農場、岸本忠雄(以上、農業)
連携参加者:野村牧場(農業)
サポート機関等 京丹後市商工会、地域活性化支援事務局

事業概要

にんにく畑

にんにく畑

連携の経緯

(有)創造工房は地域の遊休農地活用や新しい地場産品の開発を検討する中で(株)成和の黒にんにく生産技術に出会い、丹後でのにんにく・黒にんにく生産を決意した。(株)成和との連携に、以前より交流のあった専業農家(岸本忠雄、梅本修、井上満博)や牧畜業(野村牧場)を組み合わせて(株)成和へ特別栽培にんにくの提供を行い、さらに丹後での原料生産から加工まで一貫した黒にんにく生産と、高度な品質の確保や新製品開発を行う。


黒にんにくとパウダー

黒にんにくとパウダー

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

岸本、梅本、井上の生産する京都丹後産にんにくは有機肥料や酵素を用い、農薬も極力使用しない特別栽培であり、味が良く、栄養価も高い。また、黒にんにくはほとんどにおわず、乾燥プルーンのように甘く、生より抗酸化物質が数十倍に増加するなどの特性を持ち、認知度が上昇しつつある。ここで黒にんにく用に栽培された京都丹後産にんにくを原料とすることで、トレーサビリティ、品質、京都丹後の地場産品として競争力を持つ。また他の地場産品等と組み合わせた黒にんにく加工食品の地域ブランド商品群を作り、京都丹後の観光交流人口をターゲットとして、健康・安心・安全や長寿をキーコンセプトに市場開拓を行う。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高:約1.5億円(平成25年度)
  • 農作業・黒にんにく製造に関わる雇用創出
  • 遊休農地等の活用約2ha(平成25年度)
  • 京都丹後産にんにくの地域ブランド商品

代表企業等の連絡先

代表者:
有限会社創造工房
所在地:
京都府京丹後市網野町浅茂川1808
電話番号:
0772-79-2020
FAX番号:
0772-79-2021

認定日:2009年2月23日



このページの先頭へ