本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[京都府] [2008年度 第3回認定]
京丹波の乳質に優れた生乳を使用した高品質乳製品の開発・製造及び販売

連携体 中小企業者:(株)いづつ屋(飲食料品小売業)、(農)丹波清光ファーム(食料品製造業)
農林漁業者:大島牧場
連携参加者:
サポート機関等 京都府商工会連合会、京丹波町商工会、地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

(株)いづつ屋・(農)丹波清光ファームは、(株)いづつ屋の企業理念「丹波の食材で世界の食文化に貢献する」のもと、大島牧場生産の非常に品質が高い(体細胞数3.8万個/1cc)生乳を使用した高付加価値乳製品(低温殺菌牛乳、飲むヨーグルト)の開発・製造を計画。3者が連携して本物志向の乳製品市場の開拓のため経営資源の有効活用を図る。
 また、大島牧場は(株)いづつ屋の経営理念に賛同、これまでの飼育管理に加え新たに飼料の自給化により、安全・安心な生乳生産に取組み、本事業計画達成のため参加することとした。なお、当牧場は京都府で5年連続最優秀賞(乳質改善部門)受賞酪農家である。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

新商品は府内でも希少価値の高い大島牧場の高品質な生乳を用いた「低温殺菌ノンホモ牛乳」と「飲むヨーグルト」で、消費者が求める安全・安心で本物志向に対応するもの。本商品の市場調査では、大手百貨店バイヤー・消費者から、特に、味・香りについて好評である。京都丹波の産地ブランド化に向けて販売力が十分期待できる。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高:7,700万円(平成25年度)
  • 本連携に伴う新規雇用創出者数:9名(平成25年度・連携体全体)
  • 地元主婦層による定期宅配会員販売所の開設(地域雇用創出)
  • 地域密着型ビジネスモデルの確立(三者とも京丹波町)
  • 京都丹波の食材の地位の向上

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社いづつ屋
所在地:
京都府船井郡京丹波町須知岡畑16
電話番号:
0771-82-0035
FAX番号:
0771-82-2198

認定日:2009年2月23日



このページの先頭へ