本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[熊本県] [2009年度 第2回認定]
有機JAS認定農産物を活用した冷凍ベビーフードの開発及び販路拡大

地元の有機JAS認定農産物のみを用い、生産者の顔のみえるビーフードの開発と販路拡大を行う。

連携体

農林漁業者 村山信一、中村司郎(以上、農業)

有機栽培により生産した農産物を供給する。
中小企業者 (株)土のめぐみ(食料品製造業)

原料農産物の安全性と素材の美味しさを生かし、使い勝手と生産者の顔の見える安心ベビーフードを開発。
連携参加者 泉州広告(株)(広告業)

主に関西地区の育児世代向け情報誌の発信を行っており、新製品の販路拡大に寄与する。
サポート機関等 地域活性化支援事務局

連携の経緯

(株)土のめぐみは、12年にわたって熊本県山都町の有機栽培農産物を生鮮のまま主に関西地区の顧客に対して販売し、安全性に関心の高い層から高い評価を得てきた。農業者は有機農産物を評価してくれる消費者への販売の拡大と規格外品の利用拡大を望んでいたところであり、山都町産有機農産物を活用した新たな商品開発について両者の思惑が合致し、連携に至った。

連携に当たっての課題や工夫

開発する製品は、山都町産の有機JAS認定農産物を用いた冷凍ベビーフードであり、生産者の顔の見えるものである。現在2名の有機JAS認定を取得した農業者と連携し、今後さらに有機JAS認定申請中の農業者との連携を図っていく。製品開発に当たっては熊本県産業技術センターの指導を受けて進める。


連携による効果

農林漁業者 5年で315万円の売上高増加

有機JAS認定農産物の用途拡大、規格外の有効利用による農業経営の安定に貢献すると期待される。
中小企業者 5年で2,190万円の売上高増加、収益性の改善

生鮮農産物に加え冷凍加工農産物への事業展開を図ることにより売上の増加と収益性の改善が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社土のめぐみ
所在地:
熊本県上益城郡山都町小笹456-1
電話番号:
096-772-2332
FAX番号:
096-772-1888

認定日:2010年1月29日



このページの先頭へ