本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[神奈川県] [2012年度 第3回認定]
三浦野菜を活用した新中華点心の開発・販売事業

四季折々の三浦野菜を活用し、本場香港の点心技術を使って商品化した「新中華点心」の製造・販売を行う。

連携体

農林漁業者 株式会社高梨農園(農業)

三浦野菜および三浦産中華野菜の栽培に取り組み、安定供給及び中華総菜に加工しやすい一次加工等に取り組む。
中小企業者 株式会社菜香食品(食料品製造業)

三浦野菜および三浦産中華野菜を使った新点心(春巻き、おやき、Kou(中華まん)など)の開発・販売を行う。
連携参加者 日本大学生物資源科学部

三浦野菜および三浦産中華野菜の成分分析を行うことで、本事業の支援を行う。
サポート機関等 (独)中小企業基盤整備機構関東本部・神奈川県中小企業団体中央会・湘南信用金庫

連携の経緯

両社はメインバンクである湘南信用金庫のマッチングにより知り合った。その後(株)菜香食品の中華総菜調理ノウハウと、(株)高梨農園の三浦大根長期出荷技術を活かして、三浦大根を使った「大根餅」を共同開発し販売をしたところ、顧客から好評を博したこと等を経緯に今回の連携に至った。

連携に当たっての課題や工夫

三浦野菜活用の新中華点心を作るには、三浦野菜の特徴に精通した様々なノウハウ等が必要となる。そこで(株)高梨農園の野菜に関する知識及び(株)菜香食品の持つ点心の開発・加工ノウハウを共同活用し三浦野菜の長所を最大限活用した新中華点心を開発・販売する。三浦野菜と中華野菜を使って、自社の中華惣菜加工技術を活かした、春巻き、おやき、Kou(中華まん)などの新点心の開発・販売に新たに取り組む。


連携による効果

農林漁業者 5年で20,000千円の売上高増加、営業利益率の向上。

新品種(中華野菜)の栽培、三浦野菜の安定供給、一次加工等に取り組むことで、農業経営の安定が期待される。
中小企業者 5年で36,000千円の売上高増加、営業利益率の向上

新中華点心の開発・販売事業を行うことによる、売上の増加が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社菜香食品
所在地:
神奈川県横浜市中区山下町160
電話番号:
045-663-9288
FAX番号:
045-663-9289

認定日:2013年2月 4日



このページの先頭へ