本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[神奈川県] [2008年度 第3回認定]
間引き大根等と魚のあらを利用した業務用だし、および過完熟果実のピューレ・ジュース等の開発・販売

連携体 中小企業者:(有)たのし屋本舗(飲食料品卸売業及び飲食店)
農林漁業者:下里ファーム(農業)
連携参加者:日本大学生物資源科学部食品生命学科
サポート機関等 神奈川県中小企業団体中央会、地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

下里ファームは、生産の過程で生じる「間引き大根」や過完熟果実等を廃棄処理していた。一方、水産卸売業の他、県内で3店舗の居酒屋を経営するたのし屋本舗でも調理過程で発生する鮮魚のあら等についてコストを掛けて廃棄処理していた。両者ともに季節や天候で収穫量・品質が左右され安定的な売上確保が難しいのが現状である。そこで、これまで廃棄していた部位、野菜等を用いて利益率の高い商品を開発するため、両社の連携構想がスタートした。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

下里ファームの間引き大根とたのし屋本舗の魚のあら等を利用した「業務用だし」、及び下里ファームの過完熟果実(メロン等)をたのし屋本舗の調理技術で加工した「ピューレ」「ジュース」等を開発する。これらの商品は、豊富な栄養分に富む自然由来の食材であり、「生産者の顔」、「手づくり」特性をPRすることで、堅実に伸長する市場で成長ポジションを狙う。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・1千万円(平成25年度)
  • 余剰農産物・規格外品の高付加価値化
  • 新たな農業ビジネスモデルの開発

代表企業等の連絡先

代表者:
有限会社たのし屋本舗
所在地:
横須賀市追浜町3-38
電話番号:
046-865-6641
FAX番号:
046-865-5848

認定日:2009年3月19日



このページの先頭へ