本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[鹿児島県] [2009年度 第3回認定]
ハイテク野菜栽培システムにより生産された「高糖度・完熟トマト」を使用した加工飲料の開発・販路開拓

糖度の高い完熟トマトを活用し、フルーツジュース感覚で飲めるトマトジュースの開発・販路開拓を行う。

連携体

農林漁業者 (農)エコライフファーム(農業)

ハイテク野菜栽培システムにより、糖度の高い完熟トマトを栽培。生産規模を拡大し、(有)善STYLEに供給する。
中小企業者 (有)善STYLE(飲食業)

高糖度・完熟トマトを活用して、付加価値の高いトマトジュースを開発し、販路を開拓する。
サポート機関等 鹿屋商工会議所、(財)かごしま産業支援センター

連携の経緯

(農)エコライフファームは、ハイテク野菜栽培システム(コンピューター管理によりハウス内の室温、プランターの水量、液肥が自由に調整可能)による高糖度・完熟トマトの生産が技術的にも安定したことから、増産につながる方向性を模索していた。そこで(有)善STYLEと連携して、そのトマトをそのまま食べているような「高糖度・完熟トマトジュース」の開発に至った。

連携に当たっての課題や工夫

トマトジュースは大きな市場を持ちながらも「塩分が強い」「酸味が強い」「青臭い」などの理由で敬遠する消費者が多いことなどが課題である。
 地元農協や農業普及センターなどの協力を得て、糖度の高い小型のジュース用トマトやそれを活用した「高糖度・完熟トマトジュース」の開発・改良を行う。


連携による効果

農林漁業者 3年で700万円の売上高増、生産規模の拡大による経営の安定

青果用に加え、加工原料用としての出荷が可能となり、生産拡大と経営の安定が図られる。
中小企業者 3年で1,500万円の売上高増、オリジナル商品の開発・販売による収益性の向上

県内にはないフルーツジュース感覚で飲める高糖度・完熟トマトジュース」を開発・販売することにより、高い収益性が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
有限会社善STYLE
所在地:
鹿児島県鹿屋市寿5丁目26番10号
電話番号:
0994-44-9720
FAX番号:
0994-44-9720

認定日:2010年3月15日



このページの先頭へ