本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[鹿児島県] [2008年度 第3回認定]
木材(間伐材、曲がり材、端材)を原料とする木粉セーフティーコーン等の安全規制材の製造販売事業

連携体 中小企業者:鮎川建設株式会社
農林漁業者:高松林業(高松努)
連携参加者:松原秀、富士大和森林組合
サポート機関等 佐賀県商工会連合会、(財)かごしま産業支援センター、地域活性化支援事務局

事業概要

開発予定商品(右)従来商品(左)

開発予定商品(右)従来商品(左)

連携の経緯

鮎川建設は土木工事業を営む中で、従来のプラスチックコーンは、石油を主原料とした合成樹脂材料からできており、地球温暖化防止等環境への配慮の観点から、石油由来製品に代わるエコ商品が期待されているため、公共工事を主体とする建設工事業者への需要を開拓できると予想し、木材チップを使ったセーフティーコーンの開発に成功した。
 そこで、商品化に向けて木材チップ用の木材を安定的に供給してくれる産地を探索していたところ、佐賀県の治山林道協会の紹介で、富士大和森林組合員の高松林業を紹介され、連携に至った。


開発予定のコーンバー、コーンベッド

開発予定のコーンバー、コーンベッド

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

コーン市場で流通している商品はプラスチックコーンのみで、木質コーンの製品はない。
 さらに近年の公共工事では、工事現場のイメージアップ向上のために環境への配慮と地元調達率の向上(地産品活用)が求められており、新たな需要開拓が期待できる。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 最終製品売上高目標・・・・・115百万円(平成25年4月期)
  • 本連携に伴う新規雇用創出者数・・・・・8名創出(平成25年4月期)
  • 新規取引先事業者数・・・・・400社(平成25年4月期)

代表企業等の連絡先

代表者:
鮎川建設株式会社
所在地:
鹿児島市荒田2丁目73番9号
電話番号:
099-255-8201
FAX番号:
099-255-8204

認定日:2009年2月20日



このページの先頭へ