本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[鹿児島県] [2008年度 第2回認定]
かごしま黒豚と有機農法で生産した「有畜農産物」の販路開拓

連携体 中小企業者:(有)霧島高原ロイヤルポーク(製造業)
農林漁業者:農事組合法人霧島高原純粋黒豚牧場、中﨑養豚(畜産業)
連携参加者:(株)フロンティア霧島(サービス業)
サポート機関等 地域力連携拠点かごしま産業支援センター、霧島市、鹿児島JETRO、鹿児島銀行、社団法人鹿児島県貿易協会、社団法人鹿児島県特産品協会、社団法人鹿児島県工業倶楽部、地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

かごしま黒豚は、畜産農家の所得向上のみならず、関連産業への波及効果が非常に大きい。ところが、近年、農家とりわけ畜産農家を取り巻く状況は厳しく、高齢化や後継者不足、飼料高騰などにより、養豚農家も減少傾向にある。そこで、この状況に危機感を持ったメンバーが中心となり、協力、連携が始まった。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

有機農法にこだわった良質なサツマイモを与えてかごしま黒豚の品質向上を図るとともに、これまで培ってきた安心・安全・美味で信頼される食品づくりのネットワークを生かして、かごしま黒豚と有機農法で生産した農産物の販路開拓に取り組む。
 鹿児島から全国、そしてアジアの拠点・ハブマーケット香港市場をも視野に入れて販路を開拓し、地域ブランド・本物の「ブランドきりしま」を確立する。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 最終製品売上高目標・・・34,472千円(平成25年度)
  • 本連携に伴う新規雇用創出者数・・・3名(平成25年度連携体全体)
  • 地域ブランド「ブランドきりしま」の確立

代表企業等の連絡先

代表者:
(有)霧島高原ロイヤルポーク
所在地:
鹿児島県霧島市霧島永水4962番地
電話番号:
0995-57-3216
FAX番号:
0995-57-3217

認定日:2008年12月 9日



このページの先頭へ