本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[鹿児島県] [2008年度 第1回認定]
廃鶏等の非食材を利用した高機能餌料基材の事業化

連携体 中小企業者:農事組合法人エヌチキン(畜肉加工製造業)
農林漁業者:農事組合法人協和(採卵養鶏業者)
連携参加者:(株)レオロジー機能食品研究所(研究開発)
サポート機関等 鹿児島純心女子大学、(株)ママック、(有)梅田事務所

事業概要

連携の経緯

農事組合法人エヌチキンは廃鶏の解体・加工を行う中で、内臓・羽毛・ガラ等の副生物を活用することで、さらなる高付加価値化を計画。以前より取引のあった生産者、共同研究開発を実施している参加研究機関・技術支援機関、市場導入支援販売業者、各々と当事業について協力、連携を開始した。


新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

原料となる廃鶏副生物には、抗メタボ・抗アトピー・抗認知症に有効視されている高次機能性リン脂質群が含まれているが、従来は大部分廃棄物扱いされてきたため、高鮮度・高品質・低侵襲加工処理が困難であった。
 本事業は、上記有機的連携によってこの難題を打開して、高機能性餌料基材を開発するもので、まずペットの保健維持・向上全般用餌料に、次いで家畜や養殖魚の初期・育成期の体質強化による生残率向上・免疫力向上を具現化する飼料用基材として、将来的には食品及び化粧品分野への展開を目指す。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 最終製品売上高目標・・・・・・・1.2億円(平成25年度)
  • 本連携に伴う新規雇用創出者数目標・・・・・・・10名(平成25年度・連携体全体)
  • 新規取引先事業者数・・・・・・・30件(平成25年度までに)

代表企業等の連絡先

代表者:
農業組合法人エヌチキン
所在地:
鹿児島県南九州市知覧町3669
電話番号:
0993-83-3725
FAX番号:
0993-83-3717

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ