本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[香川県] [2009年度 第2回認定]
香川県産セミドライトマトの小豆島産オリーブオイル漬けの開発・製造・販売

香川県産農産物を活用したセミドライトマトのオリーブオイル漬けの開発と販路開拓を行う。

連携体

農林漁業者 松本稔(農業)

生食用として不向きな規格外ミディトマト(大玉トマトとミニトマトの中間の大きさのトマト)を天日干ししたセミドライトマトを安定的に供給する。
中小企業者 (株)瀬戸の香(食料品製造業)

秋長正幸は、化学肥料を使わない手摘みのオリーブから製造したオリーブオイルを安定的に供給する。
(株)ひ・ろ・が・れ小豆島は、小豆島産品を販売してきた販売チャネルを活用し、新商品を首都圏・関西圏に販路開拓する。
サポート機関等 地域活性化支援事務局・丸亀商工会議所

連携の経緯

規格外ミディトマトの有効活用を模索していた松本稔は、セミドライトマトの試作を開始。閑散期の製造施設の有効活用を検討していた(株)瀬戸の香と出会い、連携して新商品を製造することを決断。小豆島産オリーブオイル生産者の秋長正幸に協力依頼するとともに、連携当時任意団体で、(株)瀬戸の香もそのメンバーとなっていた(株)ひ・ろ・が・れ小豆島も参加することとなった。

連携に当たっての課題や工夫

松本稔は、ビニールハウスを利用した設備を考案し、セミドライトマトの加工を行う。(株)瀬戸の香は、セミドライトマトの製造過程で生じる異物混入について、佃煮製造で培った製造技術を活用し解決する。秋長正幸は化学肥料を使用せずにオリーブを生産し、手作業で収穫する。原料となる農産物にもこだわった付加価値の高い商品を、首都圏・関西圏のレストランや百貨店に販路開拓する。


連携による効果

農林漁業者 4年で700万円の売上高増加、規格外農産物の有効利用

規格外ミディトマトの有効活用と一次加工(天日干し)を行うことにより、売上が増加するなど農業経営の安定化が期待される。
中小企業者 4年で3,500万円の売上高増加、収益性の改善

閑散期の製造施設の有効利用と、国産農産物にこだわった商品の事業展開により、売上の増加と収益性の改善が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
松本稔
所在地:
香川県綾歌郡綾川町陶684-2
電話番号:
087-876-2171
FAX番号:
087-876-2298

認定日:2010年1月 8日



このページの先頭へ