本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[岩手県] [2013年度 第3回認定]
岩手県産の食材(農林水産物等)を原材料に使用し、健康志向に対応した安全・安心・高品質で“和風のご当地スイーツ”となる「ゆべし」の開発、製造及び販売

和菓子製造のノウハウ、技術を用い、独自技術で栽培した減農薬米を生地に最適な「米粉」に加工し使用すると共に、安全・安心・高品質な岩手の食材(農林水産物)を原材料に使用した地域色豊かな「ゆべし」の開発、製造、販売を行う。

連携体

農林漁業者 (有)ファーム菅久(農業)

農産物生産からドライ化、パウダー化まで一貫して行える技術設備や供給能力体制を活用、本事業商品に適した加工原料を開発、供給する。
中小企業者 (株)千秋堂(菓子製造業)

和菓子製造技術やノウハウを活用すると共に、加工機械による量産体制を活用して本事業商品の開発、製造を行い、既存販路等を有効活用して販売する。
連携参加者 地方独立行政法人 岩手県工業技術センター(都道府県機関)

保有する米粉加工の技術ノウハウにより、(有)ファーム菅久に対して本事業商品に最適な米粉開発を支援する。
サポート機関等 岩手県商工労働部、(独)中小企業基盤整備機構東北本部

連携の経緯

本事業で開発、製造、販売する「ゆべし」の試作品

本事業で開発、製造、販売する「ゆべし」の試作品 (左)包餡ゆべし〔仮称〕 (右)彩りゆべし〔仮称〕

(左)包餡ゆべし〔仮称〕 (右)彩りゆべし〔仮称〕

(株)千秋堂は、老朽化に伴う社屋の移転先を探していたが、隣接する雫石町から誘致企業として迎え入れたいとの申し出があり、同町への移転を決定。(移転は、平成26年10月を予定)また、同町の仲介により㈲菅久ファームとの出会いがあり、双方で話し合いを重ねる中で、それぞれの経営資源や前述の課題を共有した結果、これらの課題を解決し、また、お互いの経営資源の活用を進めながら、本件事業を実施するため連携した。

連携に当たっての課題や工夫

(有)ファーム菅久では、農産物栽培技術を高めることでの安心・安全・高品質の確保に努めると共に、岩手県工業技術センターからの指導を受けながら、菓子製造に適した米粉粒度の研究開発、野菜・果実等のドライ化と粉末化の研究開発を行い、(株)千秋堂に対して主原料の供給を行う。さらに、担当者の知見を活用した健康志向に対応した商品化に対する助言等も実施することとしている。なお、(株)千秋堂は、顧客基盤等を活用した調査の実施により、消費者ニーズを収集・把握した上で事業テーマに掲げた「健康志向」に対応する「ゆべし」の開発を行い、さらに展示商談会等の参加により、ニーズとの整合性を検証しながら改良を行い商品化を実現する。以上、連携事業者双方の経営資源を最大限に活用した商品化を進める計画である。


連携による効果

農林漁業者 5年で約1,100万円の売上高増加及び収益性改善による経営の安定化

農産物作付の拡大とドライ化及びパウダー化による付加価値向上により、売上増加と共に収益性の改善が図られる。
中小企業者 5年で4,800万円の売上高増加及び商品販売による地域活性化への寄与

新たな商品の販売による売上高増加と地域農産物等を原材料に使用することでの地域活性化への寄与が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社 千秋堂
所在地:
岩手県盛岡市前九年二丁目9番26号
電話番号:
019-646-1838
FAX番号:
0191-43-4131

認定日:2014年2月 3日



このページの先頭へ